ボールは浮いてる?沈んでる?

Vol.1では、今野康晴プロにライの見極め方を教えてもらいました。

ラフに入ったときに、ボールが浮いてたり沈んでいたりと2パターンあると思いますが、今野プロはどのように対応していますか?

「難易度は、距離ではなくライによると思います。ラフに入ったら、2つの打ち方で対応します。浮いてるときは、飛ばさないラフ打法。沈んでいるときは、飛ばすラフ打法です」

浮いてるときは飛ばさないラフ打法

画像: 浮いてるときは飛ばさないラフ打法

ボールが浮いているいいライでは、極力ボールを飛ばさないようコントロールする。

画像: インパクトで芝に負けない

インパクトで芝に負けない

フェースを開いたまま飛球線にカットに打つ。フェースの向きは変えないようにスウィングする。

画像: 手首の角度を固定します

手首の角度を固定します

沈んでいるときは飛ばすラフ打法

画像: 沈んでいるときは飛ばすラフ打法

ボールが沈んでいるときは、ロフトが少ないクラブだと芝の抵抗に負ける。打ち方で球を飛ばす。

画像: フォローに向けてフェースを閉じる

フォローに向けてフェースを閉じる

沈んだラフから距離を出すときは、思い切りフェースの開閉を使う。インパクト以降フェースを閉じる。

画像: トウをくるんと回します

トウをくるんと回します

毎年毎年、夏のラフに苦しめられていたけど、今野康晴プロのとっておきのラフ打法で成功できそうだ!

2012年月刊ゴルフダイジェスト9月号出典

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.