インパクトではアドレスに戻りたい

ダウンスウィングからインパクトにかけて、飛ばしたいと思うあまり力んでしまう人が多いけれど、それは飛ばしには逆効果なんです。

解説してくれる人

画像: 石渡俊彦プロ 技術、道具、フィジカルから多角的にレッスンを展開。2004年ゴルフダイジェスト社「レッスン・オブ・ザ・イヤー」受賞

石渡俊彦プロ
技術、道具、フィジカルから多角的にレッスンを展開。2004年ゴルフダイジェスト社「レッスン・オブ・ザ・イヤー」受賞

そうアドバイスするのは、石渡俊彦プロ。

「飛ばすためのパワーを出そうとするのは、力みにつながり逆効果です。玉が曲がるアマチュアは、このゾーンで力んでしまい、クラブの動きを阻害しているケースが非常に多いのです。

とくに、飛距離が落ちてきたからといって、ダウンスウィングで一生懸命クラブを速く振ろうと力むのは、飛距離ダウンの悪循環を生みます。

ダウンスウィングからインパクトの直前では、手元が右腰の前に来るポジションで、テークバックの最初にクラブが通ったところを逆方向になぞるようにクラブを通すことが重要なのです。

そのためには、クラブを正しく『リリース』することが必要です。『リリース』とは、トップでできたひじや手首の角度を、アドレスの状態に戻すこと。これが出来ないと、手元が先行しすぎて、フェースが開いたままインパクトを迎え、必然的にスライスします」

ポイント
テークバックの始動時と同じ位置を通過する

ダウンスウィングでは、タメを作らなければならないというイメージから、クラブをリリースできてない人が多い。手元が右腰前までに下りてきたときには、テークバックに通ったところと同じ位置を通過させる意識を持つことが重要。

ドリル1
右1本で球を打ってリリースの感覚を身につける

右手1本でアイアンを短く持って、球を打ってみよう。球の位置は真ん中。右手のリリースが出来ていないと、ちゃんと当たらない。これが出来たら、球の位置を右足前にし、左足を少し引いて打ってみよう。

ドリル2
左手1本で球を打って体の動きを身につける

右手1本で球が打てるようになったら、次は左手1本。体がしっかり回ってないと、ロフトが増えて球が上がってしまう。下半身をしっかり動かして、低目の球を打とう。

この感覚をつかむには、右手のでクラブを持ち、ボールを打つ練習が効果的です。ベッドを戻す感覚が身につけば、ベッドが走って飛距離アップにもつながりますよ!ぜひ、ドリルをやってみてくださいね!

HONMA

This article is a sponsored article by
''.