「アイアン世界基準 ルーク先生のラブリーショット」では、2011年、PGA・欧州ツアーで史上初の同時賞金王となった ルーク・ドナルドによるレッスンをご紹介します。

5番アイアンと7番アイアンの飛距離が変わらない・・・。アマチュアにありがちなこの悩み。長いクラブほどロフトが立っているので、打ちこなすのが難しくなります。

そこで今回はルーク先生に「ロングアイアンを打ち時のポイント」をレッスンしてもらいましょう!

長いクラブほど基本が大事

「長いクラブほど基本に立ち返る。特にグリップとアドレスに注意が必要」(ルーク・ドナルド)

グリップはニュートラル

画像: 左右からグリップを挟むように握ろう

左右からグリップを挟むように握ろう

ロングアイアンを打ちこなせないアマチュアの多くは、グリップをストロングに握りすぎる傾向があります。ストロンググリップは本来フェースを返しやすく、球をつかまえるのに効果的です。しかし、一旦グリップを握ってから左手をストロングにすると、始動の時点でフェースが開いてしまい、球がつかまりません。

アマチュアは左手が被りすぎている

両腕を体の前にダラリと垂らし、左右からグリップを挟むように握りましょう。これで両手が自然と向き合うニュートラルグリップが完成します。そしてアドレスでは、グリップは肩の真下にセット。立ち姿の美しいバランスのいいアドレスが精度の高いアイアンショットの鍵です。

画像: この構えを真似しよう

この構えを真似しよう

トップはコンパクト

クラブを立たせることもポイント

さらにアマチュアに多いのが、距離を出そうとしてトップを大きくしてしまうことです。大きなトップを作ってしまうと、振り遅れの原因になります。アドレスで作った角度を変えずにクラブを上げましょう。「両腕を真っすぐ伸ばすコンパクトなトップに収めれば振り遅れずに、球をソリッドにとらえられるはずだよ」(ルーク)

体と腕をリンクさせてインパクトに集中。ロフトなりに球が飛んでいってくれる。

ロングアイアンを打つ時は、アドレスとグリップ、そしてコンパクトなトップを心がけましょう。

※月刊ゴルフダイジェスト2013年12月号より

「ルーク先生」のバックナンバーは↓↓↓

HONMA

This article is a sponsored article by
''.