あなたの周りに、「小柄でマッチョでもないのに妙に飛ばす人」はいないだろうか。女子プロだって小さな体であんなに飛ばしてる。飛距離アップ請負人の異名を誇る吉田一尊プロによれば、そういう人は「地面反力」を使って飛ばしているのだという。

ゴルフには筋力以外にも使える「力」がある

画像: クラブが上がり切る寸前に右足をクッと「倒す」のが飛ばしのコツ

クラブが上がり切る寸前に右足をクッと「倒す」のが飛ばしのコツ

「地面の反発力」とは?

ジャンプして着地すると、かすかに地面からの跳ね返りを感じるはず。これが「地面反力」だ。

「地面反力」を使えるか否か=飛ばせるか否か

クラブが上がり切る寸前、右足を内側に倒すようにして、地面を強く踏む。これにより地面反力がスウィングに加わり、カラダが鋭くターンし、飛距離がアップする。この地面反力こそが、飛ばせるか否かを左右する重要な要素だと吉田プロは言う。

難しいのは右足を踏み込むタイミング。それなりの練習が必要となるが、右足を踏み込むタイミングがピタリと合ったときの飛距離は、人生最高を軽々と超えることだろう。

「飛ばしたかったらトップ手前で右足クッ」次の練習まで、忘れずに覚えておこう!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.