セルフプレーのラウンド中に、前の組と遅れてしまうことってないですか? 遅れると後続の組にも迷惑が掛かってしまうし、手際よくプレーを進めたいところ。そんなときは、クラブを手に持ったままカートに乗っちゃおう!

打った後はクラブを持ったままカートに乗ろう

打った後に乗用カートに戻って乗る際には、クラブを持ったままカートに乗ろう。カートに戻って2、3本のクラブをキャディバッグに戻してから乗車すると、その間、同伴プレーヤーも後続組も待たせることになってしまう。

画像: 打った後はクラブを持ったままカートに乗ろう

プレーファストといっても、慌てて早く打つのではなく、ボールを打つ前後の無駄な時間を減らしてスムーズにプレーしよう。

一般的なコースのスタート時間は7分間隔で組まれている。ティショットを打ちセカンド地点に到着して、全員が打ち終わり次の組がティショットが打てるまで7分なら間に合うように設定されているのだ。

距離や風のジャッジや、パットのラインを読むために時間を費やす分、素早く移動しよう。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.