PGAツアーチャンピオンズ(米シニアツアー)の新規トーナメントが、2017年9月に日本で初開催されることが2016年10月18日、発表されました!

往年の名プレーヤーが日本にやってくる

50歳以上の往年の名プレーヤーたちが戦うPGAツアーチャンピオンズ(米シニアツアー)が日本で開催される。日本航空(JAL)とスポンサー契約をし、大会名は「JAPAN AIRLINE選手権」。開催地は成田ゴルフ倶楽部(千葉県成田市)で、2017年9月8日~10日の3日間の日程。

記者会見には、メジャー8勝、米ツアー39勝という戦績を残し、1988年には世界ゴルフ殿堂入りを果たしたトム・ワトソンらが出席。

画像: トム・ワトソンもこの大会に出場する

トム・ワトソンもこの大会に出場する

「毎回、日本に来ることを楽しみにしています。来年は成田ゴルフ倶楽部でプレーすることをとても心待ちにしています」(トム・ワトソン)

日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長も同席し「日米の名プレーヤーが日本で戦うことに大きな期待をしています」と、語っていました。

画像: 会見には日本プロゴルフ協会会長として倉本昌弘も参加

会見には日本プロゴルフ協会会長として倉本昌弘も参加

出場選手は、トム・ワトソンら60人と日本人招待選手枠の8人で68人。大会は2日間のプロアマ、3日間の本戦が行われます。賞金は250万ドル。

画像: トム・ワトソン(左)、日本航空の植木義晴代表取締役(中)、PGAツアーチャンピオンズプレジデントのグレゴリー・マクローリン氏

トム・ワトソン(左)、日本航空の植木義晴代表取締役(中)、PGAツアーチャンピオンズプレジデントのグレゴリー・マクローリン氏

日本人選手8名がどのように決定されるかは発表されなかったが、いずれにしても日米の伝説の名手の真剣勝負が観られることは間違いなし。来年9月の開催が待ち遠しいですね。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.