いくらボディターンがいいと頭でわかっていても、ついつい手でクラブを振ってしまう。それを直すためには……ジェイソン・デイのゴルフ学校時代の“同級生”が、タオル一枚あればできるとっておきのドリルを教えてくれた。

やり方はカンタン。両わきでタオルを挟んでハーフショットするだけ

「How’s it going mate(ハウズゴーインマイ/オーストラリア英語で“お元気ですか”)?  鳥井雄一郎です。アマチュアの多くの方は、手の力でクラブを上げ、手の力で下ろす、いわゆる“手打ち”になっています。これではクラブの軌道は安定しませんし、パワーも出せないので飛びません」

「手打ちを防ぎ、ボディターンの感覚を身につけるには、タオルドリルが有効。やり方はカンタンで、タオルを両わきで挟んだ状態で、タオルを落とさないようにハーフショットをするだけです。手打ちになるとわきからタオルが落ちるので、すぐにわかると思います」

画像: わきにタオルをはさんでみよう

わきにタオルをはさんでみよう

実際にハーフショットでボールを打ってみよう

「タオル一枚あればできるカンタンなドリルですが、効果は絶大。クラブがいつでもカラダの正面にあって、正確で飛ばせるボディターンスウィングを、ぜひ実感してみてくださいね。それではGood Day, Mate(グダイマイ/オーストラリア英語で“またね”)!」

画像: ⑨「手の使い過ぎを防ぐ、ボディーターンの練習法②!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』 youtu.be

⑨「手の使い過ぎを防ぐ、ボディーターンの練習法②!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』

youtu.be

まだまだあるぞ!デイドリル

画像: 鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.