今週の男子ツアーは10月20日(木)~23日(日)の日程で「ブリヂストンオープン2016」が千葉県の袖ケ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コース(7119Y Par71)にて開催中。

前週の日本オープンから続く、高額賞金の男子ツアー秋の陣。もっか賞金ランク1位は池田勇太(¥121,183,703)だが約1千万差で追う谷原秀人(¥112,214,370)、その後ろにはさらに1400万円差で追う昨年の賞金王キム・キョンテ(¥88,575,967)、と三つ巴の混戦になりそうです。

画像: 間近3戦は2位、優勝、2位タイと賞金王に向けて好調の池田勇太

間近3戦は2位、優勝、2位タイと賞金王に向けて好調の池田勇太

3日目終了時点で、トップは13アンダーで高山忠洋、1打差でキム・キョンテ、2打差で谷原秀人と山下和宏が続く。過去2回の優勝経験を持つ池田勇太は1オーバーの58位と少し連戦の上位争いから疲れが出た模様。最終日は賞金王を争う、谷原と金のデッドヒートが楽しみです。

画像: 今季2勝を含めトップ10が9回と安定した強さを誇る谷原秀人

今季2勝を含めトップ10が9回と安定した強さを誇る谷原秀人

16番と18番がパー5とスコアを伸ばせるものの17番は230ヤードを超える距離のあるパー3と、最終日にドラマが起こりそうな上がり3ホールを紹介します。

16番 541Y  Par5 バーディ必須の難易度18番目

イーグルも狙えるパー5。練習ラウンドでは、池田勇太、小田孔明など飛距離のある選手は3Wで左のコーナーを狙ってフラットなライから2オンを狙っていました。ドライバーで打つには左の林越えを狙う必要がありリスクが伴います。しっかりバーディを確保したいホールです。

17番 231Y Par3 パーで切り抜けて最終ホールへ向かいたい

距離のあるパー3。「距離があってバンカーで囲まれているので、確実にグリーンをとらえたいホールですね」とは小林正則プロ。とにかくグリーンが遠くショートしやすいが左右のバンカーはアゴが高いので避けてグリーンをとらえパーで切り抜け、最終ホールのパー5に向かいたいホール。

18番 569Y Par5 バーディで終わりたい最終ホール

2オンを狙うにはティショット、2打目も精度を求められるパー5。ティショットの狙い目は左サイドのバンカーを避けたいが、フェアウェイ右サイドからはグリーン手前の池越えでグリーンを狙うことになる。追いかける立場でも勇気をもってレイアップを選択するか、狙うかの決断に迫られるホール。

テレビ放送はコチラ

2016年10月22日 09:00~11:30 Round 3 CS日テレG+(1番ホールLIVE)
2016年10月22日 13:30~14:30 Round 3 CS日テレNEWS24(LIVE)
2016年10月22日 14:30~15:25 Round 3 地上波NTV系列(LIVE)
2016年10月23日 07:45~10:00 Round 4 CS日テレG+(1番ホールLIVE)
2016年10月23日 15:00~16:25 Round 4 地上波NTV系列(VTR)

アクセス情報

画像: www.bs-open.com
www.bs-open.com

イベント情報など大会公式ホームページはコチラ

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.