2016年のブリヂストンオープンで、初日「91位」から驚異的な追い上げを見せ、逆転優勝した小平智プロ。身長172センチと、決して大柄ではないものの、飛距離と正確性を兼ね備えたショットメーカーとして知られています。今回は小平プロに、現代のロングアイアンと言える「5番アイアン」を上手く打つための「3つの方法」を教えてもらいました。

方法① 左肩がアゴに触れるまで肩を入れる

背中が目標を向く

アマチュアは、力任せに振るあまり、トップで肩が入らずに手だけでテークバックしてしまうことが多いです。しっかりと左肩がアゴに触れるまで胸を回しましょう。

方法② 体と手を一体化させて振ろう

画像: グリップエンドがおヘソを指す

グリップエンドがおヘソを指す

長いクラブは特に、手先で振るとボールは飛んでくれません。スウィング中、グリップエンドがおヘソの辺りを指すイメージを持ちましょう。体と手を一体化させて振ることが、飛距離を出すためには欠かせません。

方法③ ロフトを信じて球を上げようとしない

球を上げようとすると、“すくい打ち”になってしまい、トップしてしまう危険も

ロフトが立っているからといって、自ら上げにいくことは厳禁です。ロフトを信じて、しっかり振ればロフトなりに球は上がってくれます。

5番アイアンでも、上からダウンブローで球をとらえる

最近のアイアンは、5番でもロフトが25度近くあるような“ストロング傾向”から、どうしても「上げよう」としてしまいがち。小平プロが言うように、「ロフトを信じて」スウィングすることを心がけましょう。

画像: 小平智プロ 2013年より毎年勝利を重ね、メジャー2勝を含む通算4勝を誇るトッププロ

小平智プロ
2013年より毎年勝利を重ね、メジャー2勝を含む通算4勝を誇るトッププロ

※月刊ゴルフダイジェスト2016年7月号より

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.