レッスン用語を分かりやすく解説する月刊ゴルフダイジェストの大人気連載「レッスン用語に五里霧中」。今回のテーマは「パッティングに基本ってあるの?」。その取材現場の模様をレポートします。

左目から垂直にボールを落としたところが「基本のボール位置」

画像: イラストレーター野村タケオ(左)、井上透プロコーチ(右)

イラストレーター野村タケオ(左)、井上透プロコーチ(右)

ゴルフ大好きなイラストレーター、野村タケオさんの素朴な疑問に答えてくれるのは、成田美寿々プロ、穴井詩プロらを指導している井上透プロコーチ。

野村さんは「パッティングのとき『基本に忠実に』って言われるけど、そもそも基本って何だろう」と疑問に思っているみたい。たしかに、プロによって前傾が浅かったり深かったりと型は様々だし、グリップの形も人それぞれ。一体、何が基本なの!?

その疑問に対し井上プロコーチは「パッティングにも基本はあります」と断言。「スタンスは肩幅、ボールの位置は『左目の真下』が基本です。左目から垂直にボールを落としたところに置けば間違いありません」。

画像: プロの中には極端に広く、あるいは狭くする人もいるが、基本は肩幅

プロの中には極端に広く、あるいは狭くする人もいるが、基本は肩幅

画像: ボール位置は体の中心よりもちょっとだけ左に置くことが大事

ボール位置は体の中心よりもちょっとだけ左に置くことが大事

「また、パッティングが苦手なアマチュアは、手打ちになることが多いです。それを防ぐには、手首や下半身を動かさないように意識しましょう。これらの基本を守ってストロークを心がければ手打ちを防ぐことができますよ」

画像: 基本に忠実なストロークを心がけよう。手首と下半身を固定するのがポイント

基本に忠実なストロークを心がけよう。手首と下半身を固定するのがポイント

パッティングにもやっぱり基本はあった! 詳しくは動画でチェックしよう。

画像: パッティングに「基本」ってあるの?「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中」 youtu.be

パッティングに「基本」ってあるの?「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中」

youtu.be

動画は誌面の内容と連動して、月に2本アップされます。お楽しみに!

画像: GOLFDIGESTTV www.youtube.com

GOLFDIGESTTV

www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.