ジェイソン・デイとオーストラリアのゴルフ学校で“同級生”だった鳥井雄一郎コーチに、ジェイソン・デイみたいなショットを打つためのコツを聞く企画、今回は球筋を打ち分けるための「ルーティン術」をご紹介!

打ちたい球筋に合わせて、ルーティンを行おう

「How’s it going mate(ハウズゴーインマイ/オーストラリア英語で“お元気ですか”)?  鳥井雄一郎です。今回は、ルーティンの重要性についてお話ししたいと思います」

「ジェイソン・デイは打つ前に、目を細めて何かを見つめるような動作をしますが、彼はあの時に今から打つ球筋をイメージしています。これは、狙った場所に狙ったボールを運ぶためには非常に重要なこと。アマチュアの方であれば、ひとまずフック系か、スライス系か、どちらの球筋を打つのかを事前にイメージしておくといいと思います」

フックを打ちたいなら、左足前でインサイドアウトにクラブを振ろう

「フックボールを打ちたいならば、左足を前にし、クラブを右手に持って、インサイドアウトにクラブを振って、イメージを作ってみてください。こうすると、実際のショットでもクラブをインサイドから下ろすイメージがわきやすく、つかまったボールが打ちやすくなります」

スライス系を打つなら、右足を前にしてアウトサイドインのイメージで振る

「反対に、スライス系のボールを打ちたいときには、右足を前に出した状態で、アウトサイドインの軌道をイメージしながらクラブを振ってみてください。自然とスウィングがアウトサイドイン軌道に近づき、スライスが打ちやすくなると思います」

「正しいルーティンを行ってうまくイメージ作りができれば、ナイスショットの確率は大きく上がります。ぜひ、試してみてください。それではGood Day, Mate(グダイマイ/オーストラリア英語で“またね”)」

画像: ⑩「ドライバープレショットルーティンの重要性!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』 youtu.be

⑩「ドライバープレショットルーティンの重要性!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』

youtu.be
画像: 鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

関連動画はコチラ

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.