やってもやってもなかなか直らないスライスを直すには、ただ練習するよりもドリルを取り入れるのが効果的。青山薫プロが、効果的なドリルを教えてくれた!

インパクトゾーンの「手前」にマーカーをよっつ置く

画像: ボールの手前にヘッドの幅よりやや広くマーカーを4つ置く。マーカー4つの中心が体の真ん中にくるようにすることで、アドレスにも好影響がある

ボールの手前にヘッドの幅よりやや広くマーカーを4つ置く。マーカー4つの中心が体の真ん中にくるようにすることで、アドレスにも好影響がある

画像: このようにキレイな「Yの字」アドレスになる

このようにキレイな「Yの字」アドレスになる

やり方はカンタンで、インパクトゾーンの手前に、ヘッドの幅よりやや広く、マーカーをよっつ置くだけ。このマーカーの間にヘッドを通すイメージで振ることで、スライスが直るという。まずはマーカーでできた四角形の中心が、カラダの中心に来るようにマーカーをセット。こうすると、キレイな「Yの字」のアドレスになる。

マーカーの入り口から出口の間で、ヘッドをターンさせよう

画像: このマーカーの間を通すイメージで振ると……

このマーカーの間を通すイメージで振ると……

画像: しっかりとフェースターンできるというわけ

しっかりとフェースターンできるというわけ

直接ボールを打ちに行くと、フェースが開いた状態でインパクトを迎えてしまい、スライスになりやすい。その手前のマーカーの間を通す意識を持つことで(いわばインパクトまで“遠回り”させることで)ヘッドがターンする余裕が生まれるというわけだ。

シャフトの「逆しなり」が使える

画像: 逆しなりが起こる=ヘッドが走っているということなので、なおさらつかまりが良くなる

逆しなりが起こる=ヘッドが走っているということなので、なおさらつかまりが良くなる

このように振ると、シャフトが「逆しなり」をした状態でインパクトを迎えることになる。シャフトが逆しなりするイコールヘッドが走ってターンする、なので、スライスどころか下手すればフックする勢いというわけだ。

ガンコなスライスにおさらばできるかもしれないこのドリル。試さない手はないですぞ!

画像: 青山薫のGOLFサラリーマン打法新橋流 -スライス矯正篇- Golf Lesson for a Businessman youtu.be

青山薫のGOLFサラリーマン打法新橋流 -スライス矯正篇- Golf Lesson for a Businessman

youtu.be

関連動画はコチラ

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.