「アイアン世界基準 ルーク先生のラブリーショット」では、2011年、PGA・欧州ツアーで史上初の同時賞金王となった ルーク・ドナルドによるレッスンをご紹介します。

“アイアンマン”の異名をとるルークのショットは、インパクトが“厚く”、美しい弾道で飛んでいきます。ピンを真上から刺す球の秘密は何といっても、「ダウンブロー」にあります。

そこで今回は、ルーク先生に、「ダウンブローに打つコツ」を教えてもらいました。

重要なのは、握り方。フィンガーグリップで握ってみよう

「フィンガーに握って、クラブを立てて下ろせばいいんだよ」(ルーク・ドナルド)

フィンガーで握ったグリップを真下に下すイメージで振る。するとシャフトが立ったまま、ヘッドが高い位置から鋭角的に下りる

グリップは体とクラブを繋ぐ唯一の接点。ここをどう握るかでスウィングプレーンが決まます。ダウンブローで打つためには、それなりの握り方が必要だということです。アマチュアは左の手のひらを斜めに通すパーム派が圧倒的に多いといいます。これこそがダウンブローに打てない原因だと、ルークは指摘します。

「パームで握ると、必然的にクラブをインサイドに引くことになるんだ。なぜならクラブを立てながらオンラインに上げるのにい必要なコックが使えないから」(ルーク・ドナルド、以下同)

手のひらで握るパームグリップ。クラブを立てるためのコックを使いにくい

「そのせいで、ダウンスウィングでクラブは寝たままインパクトを迎えるから球を厚くとらえることはできない。当然当たりは薄いし、ダフるし、球に威力もない。でも、これは打ち方が悪いというより左手の握り方が悪いからなんだ」。

ルークが薦めるのはフィンガーグリップ。指のつけ根で握ることで、クラブを立てやすく、球を上から叩くことができる

「ボールの先のターフがとれる当たりの厚い球を打つためには、左手のグリップをフィンガーで握ることが最大のコツ。グリップの指の付け根の関節を平行に横切れば、テコの要領で球を上から叩きやすくなるんだ」。

ルークが言うように、フィンガーで握ることでダウンブローに球をとらえやすくなるほか、指で握ることで『手首を柔らかく使える』というメリットもあります。

画像: フィンガーグリップで握れば、手首を柔らかく使えてヘッドスピードも上がる

フィンガーグリップで握れば、手首を柔らかく使えてヘッドスピードも上がる

とにかくフィンガーグリップで握る‼ あとはグリップを真下に下すイメージでヒットすれば、ダウンブローの完成です。

バックナンバーは↓↓↓

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.