「アイアン世界基準 ルーク先生のラブリーショット」では、2011年、PGA・欧州ツアーで史上初の同時賞金王となった ルーク・ドナルドによるレッスンをご紹介します。分かっているようで、分かっていないのが「ボールの位置」。クラブの芯でボールを打つ抜くためにもボールの位置はかなり重要です。そこで今回は、ルーク先生に「ボールを正しくセットする方法」を教えてもらいましょう!

7番アイアンでちょうど胸の前に置く

「クラブの通り道にセットする。あとは自然にスウィングするだけ」(ルーク・ドナルド)

画像: 7番アイアンでは左胸の前。上から打てる位置にセットすることが大事。

7番アイアンでは左胸の前。上から打てる位置にセットすることが大事。

ルークの場合、ショートアイアンで体の中心、みぞおちの前に置き、クラブが長くなるほど左に置くようにしているという。

「目安はスタンスより胸。この方が僕には分かりやすいんだ。ショートアイアンはスタンス中央。7番アイアンでは、左胸の真ん中あたりになる。この位置に対して正しいグリップ、正しいポスチャーで構えればあとは自然にスウィングするだけ」(ルーク・ドナルド、以下同)。

画像: 9番アイアンでこの位置=スタンス中央

9番アイアンでこの位置=スタンス中央

ショートアイアンなのにボールを極端に左に置いたりすれば、体がボールを追いかけて上体が突っ込んだり、逆に体重が残ってすくい打ちになったりと様々なミスにつながってしまいます。アイアンは上から打つのが鉄則ですから、ダウンブローでとらえやすい位置にボールを置きましょう。

真似したいセットの仕方

そしてもうひとつ、ルークは「ボールとの位置」も重要だといいます。

「自分とボールとの距離。クラブが体から離れれば離れるほどコントロールが難しくなって遠心力もいかしにくくなる。どの番手でも前傾して腕を体の前にダラリと垂らし、肩の真下でクラブを握れば自ずと自分とボールとのいい位置関係を築くことができるよ」。

画像: ちなみにドライバーは胸よりちょい左

ちなみにドライバーは胸よりちょい左

ボールの位置が間違っていると、どんなにいいスウィングをしていてもナイスショットにはなりません。ナイスショットが打てずお悩みの皆さん、その原因はスウィングではなくボール位置にあるかもしれませんよ。

バックナンバーは↓↓↓

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.