関東でも冬の到来を告げる木枯らし1号が吹き、いよいよゴルフをするには寒い冬の到来。冬の始めのこの季節に気をつけたいのが、ズバリいいシーズンとは感覚が大きく異なる「朝イチ」だ。冬の朝イチにスコアを崩さず回るコツを、ツアー3勝の丸山大輔プロに教えてもらった。

コツ1:朝の練習はSWじゃなくてUTから始める

画像: 寒い朝の練習はUTなどの長くてやさしいクラブから始める

寒い朝の練習はUTなどの長くてやさしいクラブから始める

「寒いせいで体が回らずに手打ちになると、その日1日が手打ちのスウィングになってしまいます。普段の練習はSWから始めるという人が多いかと思いますが、寒い時はUTなどの少し長めでやさしいクラブから始めるといいでしょう。UTの長さと重さのおかげで、手打ちにならずに体で打つ感覚でスタートできます」(丸山プロ)

コツ2:スタート前は左素振りをやろう

画像: ティグランドではストレッチ感覚で左打ちの素振りしよう

ティグランドではストレッチ感覚で左打ちの素振りしよう

「スタート直前には必ず左素振りをします。バランスよくゆっくり大きく振るようにしています。冬の朝イチは体も硬くなりやすいので、ストレッチ感覚でしっかりフィニッシュまで振るといいですね」

コツ3:セカンドはピンを狙わずにエッジまで打つ

画像: ピンまで届くクラブよりエッジまでの距離感でクラブを選択する

ピンまで届くクラブよりエッジまでの距離感でクラブを選択する

「朝イチのグリーンを狙うショットで一番気をつけたいのは、グリーンが凍っていて奥に外してしまうこと。凍ったグリーンに奥からアプローチすることはもっとも避けなければなりません。エッジまで打つつもりであれば、ショートしても手前からなら寄せてパーも期待できます。グリーンの状態を見極める意味でも手前から攻めるのが鉄則です」

コツ4:グリーン周りはUTを積極的に使う

「芝が薄いとトップやザックリのミスが出やすくなりますね。そんなときでもUT簡単に打てますよ。打ち方や構え方はパットと同じです。クラブが長いので短く握って近くに立ちます。打ち込む必要もないのでハンドファーストにする必要はありません。やさしく寄せられますよ」

「冬の朝イチ」ならではの対策を知っておけば、いきなり大叩き! なんてことはなくなりそうだ。これからの季節に備え、頭に入れておこう。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.