ジェイソン・デイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、今はデイのキャディを務めているコーチのコリン・スワットンに学んだ鳥井雄一郎コーチに教わる連載、今回はスライスを直すためのフェース面の「感じ方」をレクチャー!

手のひらの向きを感じれば、フェース面も感じられるのだ

「How’s it going mate(ハウズゴーインマイ/オーストラリア英語で“お元気ですか”)?  鳥井雄一郎です。今回は、ジェイソン・デイのようにスクェアにインパクトする方法をお教えします。トップの位置で右手のグリップをほどき、手を広げた状態にしてみてください。その手のひらが、インパクトではどの方向を向いているでしょうか?」

画像: 手のひらの向きに注目。こことクラブフェースは連動している

手のひらの向きに注目。こことクラブフェースは連動している

「もし、手のひらが自分の体と反対側を向いていたら、要注意。それはインパクトでフェースが開いてる証拠と言えます」

手のひらが地面を向いたままインパクトしよう

「ダウンスウィングで手のひらが地面を向くようにしてみましょう。こうすればフェースが開くことはなく、スライスすることもありません。あとは安心しでボディターンをしていけば、ジェイソン・デイのようにスクェアなインパクトで思いっきり飛ばせると思いますよ! それではGood Day, Mate(グダイマイ/オーストラリア英語で“またね”)!」

画像: ダウンでは手のひらを地面に向ける意識を持つと、インパクトではフェースがスクェアに戻る

ダウンでは手のひらを地面に向ける意識を持つと、インパクトではフェースがスクェアに戻る

詳しくは動画で!

画像: ⑥「スライスが直る、簡単な手のひらの使い方!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』 youtu.be

⑥「スライスが直る、簡単な手のひらの使い方!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』

youtu.be

関連動画はコチラ

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.