名器「アンサー」を生み出したピンがニューモデル「VAULT」(ヴォルト)シリーズを発売。高い機能と上質感あふれるデザインを、メンズクラブ編集長の戸賀敬城氏も「極上」と絶賛している。

ピンの歴史の心臓部の名を冠したニューモデル

世界中で通算2800勝以上を上げているピンのパター。ピンは、ツアー優勝者に敬意を表し、優勝パターを黄金で製作する伝統がある。アメリカ、アリゾナ州フェニックスにあるピンの本社には、それらを保管する貯蔵庫、通称「ヴォルト」という部屋があるのだ。

その「ヴォルト」の名を冠したピンのニューモデルを発表。蓄積してきたテクノロジーをふんだんに用いて高い機能性を誇るのはもちろん、削り出しへッドによる2種類の仕上げをラインナップした、ピン史上最高品質パターになっています。メンズクラブ編集長・戸賀敬城氏もさっそく夢中。

画像: ヘッドサイズが大きいマレットタイプで、ソール部分にウェートを配した「オスロ」は、低重心かつ深重心で、ミスに対する許容値が非常に高いのが特徴。アルミ削り出しのヘッドは、ゴルファーの所有欲をも刺激する、ピンの最高品質を誇る

ヘッドサイズが大きいマレットタイプで、ソール部分にウェートを配した「オスロ」は、低重心かつ深重心で、ミスに対する許容値が非常に高いのが特徴。アルミ削り出しのヘッドは、ゴルファーの所有欲をも刺激する、ピンの最高品質を誇る

「僕のライフスタイルに欠かせないBMW ・M6、ルイ・ヴィトンのキャディバッグと並んで、“最上級のラグジュアリー”に仲間入りしました。パターでこの気品は、他にはない。もちろんギアとしても非常によくできています。いまの僕のスコアは、これに支えられています」(戸賀氏)

ここまで言わしめる「ヴォルト」とは…? 続きはこちら↓

【関連記事】

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.