ジェイソン・デイとオーストラリアのゴルフ学校で“同級生”だった鳥井雄一郎コーチに、ジェイソン・デイみたいなショットを打つためのコツを聞く企画、今回はアマチュアの悩み「左ひじの引け」を直すためのドリルを紹介!

フォローで左ひじを「真下」に向けよう

「How’s it going mate(ハウズゴーインマイ/オーストラリア英語で“お元気ですか”)?  鳥井雄一郎です。フォローで左ひじが引けてしまう人、アマチュアの中には非常に多いです。ジェイソン・デイのようにフォローで左ひじが伸びたほうが、スウィングアークが大きくなって、より飛ばせます」

「左ひじの引けを直すには、左手の動きだけを確認する“サムライドリル”がオススメ。半身の状態から右足を後ろに引き、“居合斬り”のような構えをとります。その状態から、刀を抜き打ちにするように、クラブを前に出してみてください。このとき、フォローで左ひじが真下を向いていれば、それが正しい左手の使い方です」

画像: クラブを振り出したときに、左ひじが真下を向くようにしよう

クラブを振り出したときに、左ひじが真下を向くようにしよう

「このドリルを繰り返すことで、正しい左手の使い方が身について、結果的に左ひじの引けも収まると思います。ぜひ、試してみてください。それではGood Day, Mate(グダイマイ/オーストラリア英語で“またね”)!」

画像: ⑪「左ヒジの引けない大きなフォローを手に入れる!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』 youtu.be

⑪「左ヒジの引けない大きなフォローを手に入れる!」鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』

youtu.be
画像: 鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.