左一軸打法を提唱する中村龍明プロに練習法を教わるシリーズ、今回は体の開きや上体の突っ込みを防ぎビハインド・ザ・ボールで球をとらえるための練習法をご紹介。名付けて、「杖つきドリル」!

ドライバーを杖のように使って右手一本で打とう

画像: 「左の壁」を作れば、体の開きや上体の突っ込みを防げる

「左の壁」を作れば、体の開きや上体の突っ込みを防げる

左手でドライバーなどの長いクラブをカラダの正面に立て、右手一本で球を打つ。立てたクラブが「左の壁」の役割となって体の開きや上体の突っ込みなどを防ぎ、ビハインド・ザ・ボールで球をつかまえる感覚を身に付けられる。ダウンスウィングでカラダが開くことでスライスが出てしまう人にはとくに効果的と言えるだろう。

左の壁を意識せざるを得なくなる

画像: 中村プロのポイントを抑えて、ビハインド・ザ・ボールで球をとらえよう

中村プロのポイントを抑えて、ビハインド・ザ・ボールで球をとらえよう

【ポイント】① 左手をしっかりと伸ばし顔の前に構える ② 立てたクラブが左の壁の役割となる ③ クラブを立てたまま、右手でボールを打つ ④右腰、右肩など体の右サイドを押し込むように振り抜く

大切だとわかっているものの意識するのが難しい「左の壁」。ドライバーで“杖”をつくことで、その壁を誰でも意識できるようになる。体が開く自覚があってもなくても、ぜひ試してもらいたいドリルだ。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.