レッスンでよく聞く「クラブは左へ振り抜け」。この言葉をアマチュアはどれくらい理解できているだろうか。今回は、ルーク・ドナルドに「左に振る」ことについてレクチャーしてもらった。

クラブは円運動。だから「左に振る」が正しい

ルーク・ドナルドは、アマチュアの多くが思う「直線的に振れば球が真っすぐ飛ぶ」というのは勘違いだと指摘する。

「クラブを直線的に振れば球が真っすぐ飛ぶなんて大きな間違い。なぜなら言うまでもなくスウィングは円運動。腕と体を同調させ、インサイドインの軌道でクラブをまるく振ってとらえてこそ球は真っすぐに飛んでくれる。それが『左に振る』ということなんだ」(ルーク・ドナルド、以下同)。

画像: 腕と体が同調したスウィングをするためには「左に振る」意識が必要

腕と体が同調したスウィングをするためには「左に振る」意識が必要

左に振るからこそ、芯でボールをとらえられる

「考えてみるとわかるけど、体は軸を中心に回転しているのに、ヘッドだけ真っすぐ目標方向に出したら、腕が体からどんどん離れていくでしょ? 腕と体が違う方向にいったら芯でボールをとらえるのが難しい。それを防ぐために体が回転する方向、すなわち左に腕を振るんだ」。

画像: 体が回転する方向(左)に腕を振ってこそ芯でボールをとらえられる

体が回転する方向(左)に腕を振ってこそ芯でボールをとらえられる

左に振れているかは、飛球線後方から確認しよう

「自分が左に振れているかどうかチェックする方法は、飛球線後方からスウィングをビデオに撮ってもらうこと。左に振れていればフォローでグリップが体の陰に隠れるはず」。

画像: 左に振れているスウィングはフォローで素早くグリップが体の陰に隠れる

左に振れているスウィングはフォローで素早くグリップが体の陰に隠れる

「いつまでもグリップが見えていたらアウトサイドインに振り過ぎている証拠。つまり左に振り抜けていないということだ」。

画像: いつまでもグリップが見えていたらアウトに振り過ぎている証拠

いつまでもグリップが見えていたらアウトに振り過ぎている証拠

ルークは最後に、「みなさんがイメージしているよりももっと左に振り抜く意識が必要」と言及した。それだけ、我々アマチュアは左に振る意識が薄いということだろう。早速練習場で自分のスウィングをチェックしてみてはいかがだろうか。

※月刊ゴルフダイジェスト2013年1月号

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.