ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から、内藤雄士コーチによる「フェアウェイウッドの飛距離アップ」を実現する簡単ドリルを紹介!

ドローボールで飛距離アップ

パー5の2打目などで、できるだけ距離を稼ぎたいのがフェアウェイウッドだ。フェアウェイウッドで距離を出すためには、ロフトを少し立てて、インサイドから球をつかまえてドローボールを打つのが効果的だと内藤雄士コーチは言う。内藤流のドローボールの打ち方を解説しよう。

「グリップはフェースの向きを自分の方から見て11時30分くらいになるようにかぶせてから握り直します」(内藤コーチ、以下同)

画像: 通常よりも少しだけフェースが左を向いている状態

通常よりも少しだけフェースが左を向いている状態

「そしてアドレスでは、ターゲットよりもかなり右を向いて構えます」

画像: このロケーションだとバンカーの方向に向かって構えるくらい

このロケーションだとバンカーの方向に向かって構えるくらい

「構えが決まったら、通常通りのフォームで自然に打ちます。つかまえる気持ちで必要以上に手首を返すことがないように注意してください」

画像: 手首を返している悪い例。通常通りのフォームで自然に打つようにしよう!

手首を返している悪い例。通常通りのフォームで自然に打つようにしよう!

フェースをかぶせている分だけロフトが立ち、インサイドから球がつかまることで飛距離の出るドローボールを打つ事ができます。ぜひお試しを。

※レッスン番組「あすゴル!」より

画像1: ドローボールで飛距離アップ
画像2: ドローボールで飛距離アップ
画像: ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

HONMA

This article is a sponsored article by
''.