2017年7月28日の最終プロテストでプロの仲間入りを果たした川﨑志穂。1996年生まれのフレッシュな21歳が、ゴルフ専門誌だけでなく一般週刊誌でも“美人プロ”として注目されている。171㌢の長身に小顔の8頭身でスタイルも良く、キリっとした美人顔。こんな紹介のされかたを本人はどう思っているのか聞いてみた。

本人の心中やいかに……?

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ さて、2017年7月28日の最終プロテストにて晴れてプロの仲間入りをした川﨑志穂プロですが、そのスタイルの良さと可愛らしい笑顔でゴルフ専門誌以外からも注目されている選手です。アスリートとしては、「プレーに注目されたい!」という人も多いかと思いますが、正直川﨑プロはこの注目のされ方をどう思っているの!? ということで聞いてきました!

M子:プロ入りおめでとうございます! 川﨑プロは推薦枠やマンデートーナメントでレギュラーツアーはすでに経験されていると思いますが、改めてプロの世界に入ってみていかがですか?

川﨑:ありがとうございます! 色々な先輩方と回る機会も多く、日々勉強できています。まだまだなので、1戦1戦大切に頑張りたいと思います。

画像: 最終プロテスト合格発表後のショット

最終プロテスト合格発表後のショット

M子:ところで、ゴルフ専門誌のみならず、週刊誌で“美人プロ”と取り上げられていることについて、正直なところ川﨑プロ自身はどう思っているのでしょう?

川﨑:最初は正直驚きました。でも、私は取り上げてもらえて嬉しいです。それだけ注目してもらえているということですもん。あとは私が頑張って結果を残せば。

M子:なるほど。あることないこと書かれたりするかも……なんて不安はありませんか?

画像: 初めてのトークショーも頑張りました!

初めてのトークショーも頑張りました!

川﨑:「本当は違うんだけどなぁ~」って笑います。あまり悩むことはないですね。私の性格をひとことで言うと“適当”なので……。

M子:いい意味でってことですよね?笑

川﨑:そうですね! 結構ギャルっぽくみられることがあるんですが、自分ではまったくギャルのつもりはなくて。根は真面目です。

M子:真面目な感じは伝わります(笑) そんな川﨑プロ、今の課題はなんですか?

川﨑:飛距離は私の武器なので、これからの課題はショートゲームですね。ピンをデッドに狙ったアプローチをするのはもちろんですし「絶対にここは入れたい!」というパットもねじ込めるようにならないといけないと思います。

ということでした。注目されるということはアスリートにとって応援されていることと同じ。いいことも悪いことも受け止められる寛容さのあるプロですね! 将来ビッグになりそうです。試合会場で見かけた際にはぜひ声をかけてあげてくださいね。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.