気になる1本をクラブ設計家・松尾好員氏と堀越良和プロが試打して徹底分析! 今回の1本は、ルール限界の高初速とビッグフェースを活かした設計が話題の「プロギア 赤eggドライバー」。果たしてその性能やいかに!?

超ディープフェースだから、やさしく打てるイメージが出る

SLEルール限界の高初速と振り切れる軽量45.5インチの「プロギア egg ドライバー(通称:赤エッグ)」をプロファイリングします。

「実測で285.1グラムと非常に軽く、スウィングウェートも小さめなのでクラブの振りやすさの目安となるクラブ慣性モーメントが283万g㎠に抑えられ、ヘッドスピードが40~41m/sくらいのゴルファーが、タイミング良く振れる設計になっています」(クラブ設計家の松尾好員氏)。

画像: 超ディープフェースだから、やさしく打てるイメージが出る

さらに松尾氏は、「ヘッドはプロギアらしく横幅が非常に広い形状で、超ディープフェースとスクェアフェースが特徴です。そして、その超ディープフェースのためにアドレスではフェース面がよく見えるし、実際にもリアルロフト角設定も大きいので、いかにもやさしく打てそうなイメージが出ています」とコメント。

軽くて振りやすい。芯を外しても飛ぶ! 

では、ロフト10.5度、標準M43シャフト仕様で試打した感想を聞いてみよう。

「シャフトはかなり軟らかい設定なので、ヘッドスピード30m/s台半ばの非力なシニアの方でも十分扱えそうです。そして、スウィートスポット高さが高いので基本バックスピンは多めですが、むしろそのために弾道は安定しやすく、ヘッド速度が遅くても、球がドロップしにくくなっています。そして、試打していて、球が高く上がったときよりも低め弾道のときのほうが、ランを含めたトータルの飛距離が出ていました」(松尾氏)

いっぽうの堀越プロは、“長く使えるドライバー”と評価する。

「プロギアらしい形状で、クラブ全体のバランスがいいですね。軽くて振りやすいので、ヘッドスピードが1~2m/sは上がると思います。初速が上がり、打ち出し角も高いので、飛んでくれます。フェースの大きさも特徴で、重心深度が深いため、ミスヒットに強く、感覚的には1.5センチくらい芯から外れてもそこまで飛距離は落ちないと思います。シャフトの表示通りのヘッドスピードがあれば、ドロップせずに飛び、トータル飛距離も稼げて長く使えるドライバーだと思います」(堀越)

画像: 軽くて振りやすい。芯を外しても飛ぶ!

最後に松尾氏は、このクラブがフィットするゴルファー像について「全体のバランスがよく、軽量なので振りやすいクラブです。飛ばしたいゴルファーに合っています」と分析した。

さらに詳しい解析データは、週刊ゴルフダイジェスト9月12日号「ギアプロファイリング」をチェック!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.