グリーン手前に待ち構えるガードバンカー。アゴをギリギリ越せなかったときに限って、左足上がりのなんとも難しい状況になる。「この状況は工夫が必要ですよ」と言うのは、ショートゲームのレッスンが大好評の今井克宗プロ。そのコツを聞いてみた。

傾斜に対して“斜め上から”

ーーバンカーの左足上がりの傾斜にボールが止まっています。ピンまで、15ヤードくらいでしょうか。

「パー圏内につけるなら、このライから、アゴを越すだけではなく、それなりに距離を出したい状況ですね」(今井、以下同)

ーー難しそうですね。

「左足上がりの状況は、アゴが近いので、アゴの高さに気を取られがちですが、その前に、まずしっかりとライを見てください。左足上がりの傾斜にボールが止まっているということは、砂がフカフカだったり、わずかであっても、ボールが沈んでいるということです」

画像: 左足上がりのバンカーはライが悪い可能性が高い

左足上がりのバンカーはライが悪い可能性が高い

ーー本当ですね。少しでも沈んでなければ、ここには止まりませんからね。

「まずは、ボールが沈んだライをちゃんとわかった上で打たなくてはなりません。傾斜に対して横からヘッドが入ると、ボールの下までヘッドが届かずに“ダフって飛ばない”ミスになるんです。上り傾斜に対して、斜め上からヘッドを入れることが重要なんです」

画像: ボールが砂に沈んでいる場合、砂面に対して鋭角に、斜め上からヘッドを入れることで、ボールの下までヘッドが届き、ボールの下の砂が爆発してバンカーから脱出することができるのだ。

ボールが砂に沈んでいる場合、砂面に対して鋭角に、斜め上からヘッドを入れることで、ボールの下までヘッドが届き、ボールの下の砂が爆発してバンカーから脱出することができるのだ。

ーー左足上がりのバンカーは、ボールが沈んでいるんですね。

「そう。だからこそ、ヘッドが自然に斜め上から入る構えが必要です。と言っても、難しく考えることはありません。左足上がりの傾斜で、最も安定するように立てばいいんです」

ーー高いアゴを越そうと、傾斜なりに立つ人が多いですよね。

「その構えでは、ヘッドが横から入って、沈んだボールの下にヘッドが届かないことと、右足に体重がかかりすぎて、切り返しで右足の足場が崩れて大ダフリになりやすいんです」

ーー少数派で、「バンカーはとにかく打ち込む」と、左足体重の人もいますが......。

「おすすめは、その2つの中間的な構え。上体を真っすぐにして、クラブを振ってもバランスを崩さないようにします。これが、傾斜で一番安定し、かつ、自然に上からヘッドが入って抜けていく構えです」

画像: 「頭とボールを結んだスウィング軸は少し右に傾きます。これで、ヘッドが斜め上から入って抜ける理想的な軌道に近づきます」

「頭とボールを結んだスウィング軸は少し右に傾きます。これで、ヘッドが斜め上から入って抜ける理想的な軌道に近づきます」

寄せるのが難しい左足上がりのバンカーも、やり方さえわかれば強くない。まずは、構え方から見直そう。

写真/増田保雄

(週刊ゴルフダイジェスト2017年10/31号より)

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.