自身400ヤードを超える記録を持つドラコン選手であり、2017年レッスン・オブ・イヤーを受賞した安楽拓也プロによれば、スウィング中、手と足が連動すれば軽く振っても飛ぶようになるとのこと。それは、野球のピッチングの動きにヒントがあるというのだが……。

スウィングは野球の「投球」と同じ

「スウィングは『全身運動』。手と足が同時に同じ動きをしてなければ、スムーズなスウィングにならないんです」と話す安楽プロ。

しかし、われわれアマチュアゴルファーに「手足の連動」といわれてもピンとこない。手も足も、使っているつもりではいるのだが……。安楽プロは、「野球の投球(ピッチング)をイメージするとわかりやすい」と、こう説明してくれた。

「野球のセットポジションは、ゴルフでいえばアドレス。ピッチャーはそこから(右投手の場合)左足を上げて重心を右に乗せますが、これはゴルフで言えばバックスウィング。そこから左足を踏み込んで、最後に腕をリリースする動きが、ゴルフでは切り返しからインパクトにかけてに相当します。まさに野球の動きと同じですね。ボールを投げるようにスウィングすれば、自然と手と足は連動していきますよ」(安楽)

画像: ボールを投げる動きはスウィングの動きと同じ

ボールを投げる動きはスウィングの動きと同じ

手だけでヒョイっと投げるより、しっかりと軸足に体重を乗せ、そこから大きく踏み込んで体をターンさせ、最後の最後にボールをリリースする。これが野球では剛速球を投げるために必要な動きだが、それはゴルフで遠くに飛ばす動きにぴったり。そして、そのようなイメージでスウィングすれば、自ずと手と足は連動し、全身を使ってスウィングできるのだという。

軽く振っても飛ばせる動き、ぜひ、ゴルフに取り入れよう。

実際の動きは動画でチェック!

画像: 飛距離アップレッスン⑧【安楽拓也の飛ばし塾】 youtu.be

飛距離アップレッスン⑧【安楽拓也の飛ばし塾】

youtu.be

この動画は、発売中の月刊ゴルフダイジェストで連載中の「安楽拓也の痛快! 飛ばし塾」と連動。そちらもチェックしよう!

写真/増田保雄

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.