絶賛開催中の「レシート ナンバーズ キャンペーン」。対象となっているドライバーを対象のお店で買い、レシート番号の下3桁が合っていれば、PGMのゴルフ場で使えるクーポン券が当たる。今回は、対象ドライバーの一つグローブライドの「オノフ クロ」。片山晋呉やイ・チヒ、O.サタヤなどが使用し、ツアー優勝を果たしている、話題のクラブを紹介しよう!

「オノフ クロ」はやさしく打てるクラブ

「オノフ クロ」は片山晋呉が監修したクラブとして話題を集めたが、もちろんクラブの機能もバツグン。現に、片山晋呉をはじめ、イ・チヒ、O.サタヤなど2017年シーズンのツアーで優勝を果たしている。

「プロが使うクラブだからアベレージゴルファーが使うには難しいかも......」と考える人も多いだろうが、片山晋呉は「やさしいクラブ」をコンセプトに、「オノフ クロ」を監修したという。その打ち心地はどうか。

画像: ●シャフト SMOOTH KICK MP-617D(S)●ロフト角 10度 ●ヘッド体積 460cc ●ライ角 58.5度 ●長さ 45.75インチ ●クラブ重量 306グラム ●価格 73,000万円(税抜)

●シャフト SMOOTH KICK MP-617D(S)●ロフト角 10度 ●ヘッド体積 460cc ●ライ角 58.5度 ●長さ 45.75インチ ●クラブ重量 306グラム ●価格 73,000万円(税抜)

「王道のヘッド形状でシャープに振れる印象があります。ドローもフェードも思い通りに打てそうですね」(五十嵐瑞江プロ)

「真っすぐ飛びそうないい顔をしている。フェードで打っても強い球が出る。最近のクラブにしては操作性も高く、上級者なら上下左右にボールを打ち分けられます」(江本光プロ)

画像: 「適度にスピンが入って操作しやすく飛ぶ」

「適度にスピンが入って操作しやすく飛ぶ」

ややシャローフェースのプロが好む顔で、弾道がイメージしやすい。また、フェース全体に細かい溝加工がされており、打点のブレや雨の日でも安定したスピン量を実現している。

画像: フェースの全面にミーリング加工が施されている

フェースの全面にミーリング加工が施されている

画像: 「オノフ クロ」の試打データ

「オノフ クロ」の試打データ

アベレージゴルファーからトッププロまで結果を残せるクラブの「オノフ クロ」。この機会に手に入れてみてはどうか?

“レシートナンバーズ”対象ドライバーであるグリーブランドの「オノフ クロ」。対象ドライバーを対象店舗で買ったレシートの下3桁が一致していれば、PGMのゴルフ場で使えるクーポン券が当たる。購入を検討している人は、ぜひ参加しよう。

レシートナンバーズキャンペーン、詳しくはこちらから!

写真/三木崇徳

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.