月末に9ヶ月ぶりの試合復帰を果たすタイガー。今度はインターネット番組での発言が話題になっている。お題は「飛びすぎるボールがゴルフ界の未来に及ぼす影響と対策」。果たしてその真意とは?

飛びすぎるボールは善か悪か

「飛ばないボールの工夫を始めるべきかもしれない」とタイガーが発言したのは女子バスケットボール伝説のコーチ、ジーノ・オーリエマ氏が司会を務めるポッドキャスト(インターネット配信)番組の中。

10年前、300ヤードを飛ばすのはジョン・デイリーくらいのものだったが、最近では普通に振って300ヤード越えの選手がほとんど。技術はもちろんだが用具の進化がゴルファーに与えた恩恵は計り知れない。

このままいくと350ヤード越え、400ヤードの飛ばし屋まで現れるやもしれず、コースのキャパシティが追いつかなくなるのでは? という懸念は以前から議論されてきた。

ジャック・ニクラスやゲーリー・プレーヤーは飛ばないボール推奨派の急先鋒。

「アマチュアは最新テクノロジーの恩恵をいくらでも受ければいい。ただしプロは違う。特に最近はボールが飛びすぎる。これまでゴルフ場がコースの距離を伸ばすことで対応してきたがもう限界。プロに限っては規制を作り飛ばないボールを採用すべき」と真剣に訴えている。

この議論に対してタイガーも「コースが7400ヤード、7800ヤードとどんどん伸び、いまにトーナメントを開催するには8000ヤードが必要になってしまう。これは恐ろしい現実だ。それだけ広大な土地を確保するのは困難」と同調する意見を述べたのだ。

実はコースが距離を伸ばす工夫を始めた要因のひとつがタイガーの存在だ。97年のマスターズで後続に12打差をつけ、2000年の全米オープンでは15打差と桁違いな圧勝劇を演じ、さまざまなコースが距離を伸ばすきっかけになったのはご存知の通り。

画像: 1997年、タイガーは圧倒的飛距離を武器に2位に12打差をつけてマスターズに勝利。のちにコースが“長くなる”きっかけとなった

1997年、タイガーは圧倒的飛距離を武器に2位に12打差をつけてマスターズに勝利。のちにコースが“長くなる”きっかけとなった

あれから20年。今年10月に行われた欧州ツアーのアルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権ではイングランドのロス・フィッシャーがセントアンドリュースで「61」をマーク。コースレコードを塗り替えたことでプレーヤーは「聖地が普通のコースになってしまった」と嘆き「ゴルフ界はことの重大さに気づくべき」と力説している。

ニクラスやプレーヤーと近いタイガーも飛びすぎるボールに警鐘を鳴らすひとり。「いますぐ飛ばないボールに変えるべきとはいわないが少なくてもいまから議論はすべき」だという。

アマチュアとプロが違うボールを使うとなれば、これまで飛ぶボールの開発に命をかけてきたメーカーの反発は目に見えている。プロとアマの線引きも難しく議論すべき点は多い。

だがこのまま用具の開発が進み飛距離が伸び続ければコースの改造や造設に莫大な費用がかかるのは目に見えている。ゴルフ場の経営が立ち行かなくなる可能性も否めない。さらには自然保護の問題もあるだろう。

タイガーの発言を試金石としてルールを司るR&AやUSGAが活発な議論を始めるべきときがきているのかもしれない。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.