ショートゲームの専門家として知られるプロゴルファー・石井忍は、アプローチを成功させるには技術の前にまずマネジメントが大切だという。著書「考えないアプローチ」から、アプローチを成功させるマネジメント術「荷造り理論」をご紹介!

「荷造り」するようにアプローチする

私が提唱するマネジメント理論の1つに「荷造り理論」という考えがあります。これは、旅先を決めてから荷造りをするように、アプローチも状況判断してから打ち方を決めることが大事だということです。

アプローチを失敗する人は、まず「打ち方ありき」の場合が多いように思います。SWで球を上げるとか、AWでピッチ&ランとか、得意な打ち方を優先してしまう。これは、好きな服をトランクに詰めてから、「さあ、どこに行こうか」と考えるようなものです。

画像: とくに大事なのがライの判断。ライをよく見る前に、勝手にライを予測してクラブを1本だけ持ってアプローチ地点に行くのは、何も考えていないに等しい最悪の行為

とくに大事なのがライの判断。ライをよく見る前に、勝手にライを予測してクラブを1本だけ持ってアプローチ地点に行くのは、何も考えていないに等しい最悪の行為

大事なのは、暑いところに行くのか、寒いところに行くのか、まず行き先を決めて、そこに合った服を持っていくことです。アプローチもこれと同じで、グリーンの状況やライなどを見極めてから、そこに合った番手や打ち方を選択することが重要なのです。

「考えないアプローチ」(ゴルフダイジェスト新書)より

写真/姉崎正

HONMA

This article is a sponsored article by
''.