いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第4回は賞金王の飛ばしを支えたピンG「400 LS-TEC」に焦点を当ててみよう。

賞金王の飛ばしを支えた“神重心”ヘッド

今、旬なドライバーは? と聞かれれば“ピンG400ドライバー”と答える。とくにLS-TECの人気が高いようだ。

その理由は、日本ツアーの賞金王と賞金女王が選んだドライバーということと無関係ではない。宮里優作、鈴木愛が、勝敗を決する時に、握りしめていたドライバーが「ピンG 400 LS-TEC」。男女ツアーの賞金王が同じドライバーを使っていたというのは、たぶん史上初だろう。今年、ドライビングディスタンスでダントツ1位のチャン・キムも同モデルを使う。従来プロは、プロモデルを使っていたが、G400ドライバーは、アベレージゴルファーでも使いこなせるモデル。プロでもやさしいドライバーを使う時代が到来したのだ。

画像: 賞金王の宮里優作、賞金女王の鈴木愛の2名が愛用しているピンG「400 LS-TEC」

賞金王の宮里優作、賞金女王の鈴木愛の2名が愛用しているピンG「400 LS-TEC」

G400ドライバーは、ヘッドが3モデル用意されている。直進性が高い“SF-TEC”、ニュートラルな“G400”、そして飛距離を追求した“LS-TEC”だ。3モデルともヘッド形状が微妙に異なるが、最大の違いはタングステンウェートの位置だ。LS-TECのウェートはフェース寄りにあり、それが“低スピンで飛ぶ”を実現している。

ヘッド容量だが、460ccから、445ccにサイズダウンしている。飛距離に有利な要素を妥協なく追求してきたピンが、どうしてヘッドサイズをダウンさせたのか? 歴代のピンドライバーには飛距離性能は高いものの、ボールがつかまりにくいという弱点があった。しかしこのモデルは、ボールのつかまりが劇的に改善されている。もしかするとこのサイズダウンが“さじ加減”として効いているのではないか!?

画像: クラウンにある6つのタービュレーターがインパクト時の空気抵抗を減少させる。ヘッドスピードと初速がアップすることで飛距離性能が上がった

クラウンにある6つのタービュレーターがインパクト時の空気抵抗を減少させる。ヘッドスピードと初速がアップすることで飛距離性能が上がった

妥協なき飛距離への追求と、絶妙なさじ加減で、スライスに悩むアマチュアから、ツアープロまで最大飛距離が得られるドライバーに仕上がった。是非一度試して欲しいクラブだ。

8.5度と10度を各1名にプレゼント!

今週紹介したピン「G400ドライバー」8.5度と10度を各1名にプレゼント! 週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

写真/三木崇徳 文/田島基晴

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.