いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第5回は「赤パターブーム」を引き起こしたテーラーメイドゴルフの「スパイダーツアーレッド スモールスラント」に焦点を当ててみよう。

他社も真似する元祖「赤パター」

以前と比べ、プロが使うクラブが売れないとショップ店員は言う。トッププロが使っていても、それが自分のスコアアップにつながるのかを考えるとたしかに疑問だ。しかし、世界のトッププロがこぞって使うと、「これはすごく良いんだ」と思うのも事実。17年のマスターズ、セルヒオ・ガルシアが、悲願のメジャー初優勝を飾る。パットを沈め、ガッツポーズしたとき左手に持っていたのが「スパイダーツアーレッド」というパター。

スパイダーは、そもそも08年に発売され大ヒット。それ以来サイズや、ネック形状、そして色が変わり10年近く販売されている。ガルシアが使っていたスパイダーは、元々ジェイソン・デイのために作られた限定モデルで、彼のオーダーでこの色が決まった。奇抜な色と、ガルシア、デイ、ホン・ラーム、ローリー・マキロイと、世界ランキング上位のプロが次々と使用して、日本でも話題となった。

画像: 下向き45度の角度で刻まれたインサートの溝により、インパクト直後から順回転が生まれやすい

下向き45度の角度で刻まれたインサートの溝により、インパクト直後から順回転が生まれやすい

話題となったはいいが、このパターはそもそも数量限定モデル。一瞬で売り切れて中古ショップでは、定価よりも高い値段で売買されることとなる。最初は奇抜に感じた赤色も慣れると、入りそうなイメージを抱くようになるから不思議である。他社も真似をする人気色となった。

このパター、決して色だけでヒットしたわけではない。大きめのヘッドは、慣性モーメントも大きく、深い重心位置でミスヒットに非常に強い。現在は「スパイダーツアーレッド スモールスラント」として市販化され、ヘッドにサイトラインが入り、構えやすさが劇的に向上、人気のスーパーストロークグリップも装着され、さらに魅力が増した。

17 年に話題となったパター「スパイダーツアーレッド スモールスラント」には、流行では終わらない機能が詰まっている。プロが使うクラブでも、スコアップにきっと繋がるだろう。

3名にプレゼント!

今週紹介したテーラーメイド「スパイダーツアーレッド スモールスラント」を3名にプレゼント! 応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

写真/三木崇徳 文/田島基晴

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.