冬のアプローチは地面が硬く、芝が枯れて薄いため、サンドウェッジで打つとソールが跳ね返されてザックリやトップになりやすいという。ところが塚田陽亮プロいわく、「それはアプローチの基本的な打ち方ができていないから。ソールの出っ張っている部分のバウンスをうまく使えば、低い角度で出てよく止まるピッチ&ランのコツをお教えしよう。

9時~3時の左右対称スウィング

ゴルフダイジェスト編集部(以下GD):グリーン周りからピッチ&ランで寄せる場合、サンドウェッジで打つとミスしそうで怖いのですが……。

塚田陽亮(以下塚田):枯れ芝はライがあまりよくないことが多いですからね。8~9番アイアンで転がしたくなるのもわかります。でもサンドウェッジだって使えますし、基本の打ち方さえマスターしておけば逆にミスになりにくいですよ。

GD:その基本の打ち方を教えてください。

塚田:まず目的に合ったアドレスをつくること。そして手首を固定して、9時から3時くらいの振り幅でスウィングしましょう。両手を返さないで、バウンスを滑らせるように打つのがコツです。

GD:ボールが上がりすぎることはないのですか?

塚田:クラブヘッドを低く長く振り抜けば、低めに出てスピンのかかる球となります。打ったら右手を離す練習をすると効果的です。インパクト後に手を離してみてください。クラブヘッドが目標方向に出て行くように振り抜ければ、方向性もよくなりますよ。

画像: 「打った後に右手を離してみて! 低く長く出す感じがわかりますよ」(塚田)

「打った後に右手を離してみて! 低く長く出す感じがわかりますよ」(塚田)

ポイント 1:ヘッドを打ちたい方向に出す

インパクト後に右手を離すと、クラブヘッドが目標方向に出て行く。実際のスウィングもこの感覚で打とう。

画像: 枯れ芝でもバウンスさえ上手く使えればボールは低く出てスピンがかかる

枯れ芝でもバウンスさえ上手く使えればボールは低く出てスピンがかかる

ポイント 2:手首を固定し、左右対称に振る

腕や手を使わず、テークバックで胸を右に回し、フォロースルーでは胸が目標を指すまで左に回そう。テークバックとフォロースルーの大きさがほぼ同じとなるのがベスト。

画像: テークバックが時計の9時の位置ならフォローは3時の位置に来るように体を回そう

テークバックが時計の9時の位置ならフォローは3時の位置に来るように体を回そう

この記事は、週刊ゴルフダイジェスト2018年1/23号の特集「ソールを滑らせてピッチ&ランで寄せよう!」より一部を抜粋。冬は寄せがスコアメークの鍵。続きは今週号の週刊GDをチェックしよう。

写真/増田保雄

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.