上達には2つのルートがある。リズムが特徴の“スウィンガー”と力強いインパクトが特徴的な“パンチャー”。決してどちらかにしなければいけないわけではない。しかし、ゴルファーは悩ましい生き物であり、時として隣の芝生は青く見えてしまう。本来、スウィンガーであるはずの人がパンチャーを意識すると、泥沼にはまっていく……。両方やろうとするから上手くいかない。どちらかひとつの道を進めば、最短ルートで上達が期待できる!

どちら側で球をさばきたいか

ゴルフダイジェスト編集部(以下GD):スウィンガーとパンチャー、それぞれに上達法があるということですが、そもそも自分がどちらのタイプなのか、見極める方法はありますか?

南秀樹(以下南):一番分かりやすいのは、ボールを手前でさばきたいか、それともボールの先でさばきたいか。ボールの先、要するにフォロー側に意識がある人はスウィンガーです。ただ、頭に入れておいてほしいのが、最初からスウィンガーになろうとすると間違いが起きるということです。

画像: ダウンでボールを打つ感覚があるパンチャー(左)か、フォローで飛ばす感覚があるスウィンガー(右)、あなたはどっち?

ダウンでボールを打つ感覚があるパンチャー(左)か、フォローで飛ばす感覚があるスウィンガー(右)、あなたはどっち?

GD:どういうことですか?

南:理想的なインパクトを作るのはパンチャーの動きが必要です。パンチャーの動きができていないのにスウィンガーになろうとしたりするとおかしくなる。もちろん、ずっとパンチャーの人だっているし、それが間違いというわけではありません。

画像: ボールへのアジャスト力が高く、ダウンスウィングでシャフトをしっかりしならせて、クラブに仕事をさせるパンチャーは、インパクトが自然と強くなる。

ボールへのアジャスト力が高く、ダウンスウィングでシャフトをしっかりしならせて、クラブに仕事をさせるパンチャーは、インパクトが自然と強くなる。

GD:なるほど。では、ある程度ボールが打てるレベルになって、初めて自分がスウィンガー向きなのか、パンチャー向きなのかを方向づけるべきですね。

南:そのとおりです。ボールにきちんと当たらなければ何も始まらないですからね。あとは、パンチャーに関して、決して強振する打ち方ではないということです。スウィンガーは振り感を重視するタイプで、パンチャーは当て感を重視するタイプだと考えてください。

画像: インパクト以降も打って終わりではなく、ある程度の力感がスウィング自体に残っている。クラブと体の関係性が最後まで変わらないので、途中でスウィングがゆるむことがないのがスウィンガーの特徴

インパクト以降も打って終わりではなく、ある程度の力感がスウィング自体に残っている。クラブと体の関係性が最後まで変わらないので、途中でスウィングがゆるむことがないのがスウィンガーの特徴

この記事は、週刊ゴルフダイジェスト2018年1/30号の特集「あなたはスウィンガー? それともパンチャー?」から一部を抜粋したもの。南コーチによれば、パンチャーは腕の振り方を意識することで“当て感”を磨くことが重要で、スウィンガーは軽いものを振るなどして“振り感”を鍛えることで、それぞれの感覚が磨かれていくという。

本誌では自分がどちらのタイプか見極めて最短ルートで上達する方法を紹介している。続きは本誌にてチェックしよう。

写真/大澤進二

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.