打ち上げや打ち下ろしのティショットで起こるミスのほとんどは、「アドレスの目線の狂いが原因」と寺下郁夫プロ。景色に惑わされずに、確実にフェアウェイへ打っていくコツを教えてもらった。

目線を水平に保つために

ゴルフダイジェスト編集部(以下GD):打ち下ろしのホールで出やすいのが、左への引っかけとボールが吹き上がるカットスライスのミスです。

寺下郁夫(以下寺下):打ち下ろしは、アドレスでボールの落下地点のフェアウェイに視線が行きがちですよね。すると、無意識に左目が下がり、左肩が下がったアドレスになりやすいんです。そのままスウィングすると、外からのカット軌道でヘッドが上から鋭角に入るので、引っかけやカットスライスになってしまうんです。

GD:スウィングではなく、アドレスが原因なんですね。

寺下:そのとおり。一番大事なのは目線を下げないこと。落下地点ではなく、目線と同じ高さの木や空を目標にしてアドレスするんです。そうすれば、目線も肩のラインも水平を保てます。

画像: 打ち下ろしのホールは目線が下がりやすいので注意が必要だ

打ち下ろしのホールは目線が下がりやすいので注意が必要だ

GD:他に打ち下ろしのティショットを成功させるコツは?

寺下:滞空時間の短い、中低弾道のライナーを打ちたいですよね。それにはボールを1~2個分、右に置き、少しだけティを低くします。後はフラットな軌道で、両肩を水平に回す意識で打ちましょう。

画像: 打ち下ろしの度合いによって、ボール位置を1~2個分、スタンスの中央に寄せる。「ロフトが立って、自然と弾道は低くなります」(寺下)

打ち下ろしの度合いによって、ボール位置を1~2個分、スタンスの中央に寄せる。「ロフトが立って、自然と弾道は低くなります」(寺下)

GD:スウィング面でのポイントはありますか?

寺下:手を使わずに、上半身の回転で、インサイドイン軌道に振りましょう。アドレスがきちんとできていれば、低めのライナーになります。

画像: 中低弾道はインサイドインの軌道で打つ

中低弾道はインサイドインの軌道で打つ

打ち下ろしのホールのミスは“目線”にあり。ティショットでのミスを防ぐことができれば、スコアが安定してくるぞ。

(週刊ゴルフダイジェスト2017年2/14号より)

写真/増田保雄

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.