いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第9回は、MAFOU GOLFの「INPパター」。カスタムパターの時代到来のきっかけとなるかもしれない、次世代のパターに焦点を当ててみよう。

カチャカチャの極み。パターもDIYの時代です

ここ最近、ゴルファー自身でカスタムできるクラブが増えてきた。パターも、自身がウェートを変更したり、ライ角を変えたりできるモノが発売されているが、もっと様々なカスタムができるパターをご存知だろうか? カスタムと言う枠を遥かに超えた「組替式パター」と呼んだほうがいいのが、MAFOU GOLFのシリーズだ。

3つのヘッドがあり、そのヘッドにネックが装着されるが、ネックの向きも45度刻みで好きな向きに装着できる。ウェートもアジャスタブルで、重さだけでなく、場所も変えることができ、重心深度も変更できるのだ。

画像: それぞれのストロークに最適な形状に変えることができる

それぞれのストロークに最適な形状に変えることができる

代表の大木誠さんは開発について、「打つ人のストロークに合わせた重心が見つかればミスパットが減る。ネックポジションを移動でき重心の深さを変えられ、なおかつ高重心にして順回転を生み出し、球の転がりが良くなれば、誰でもパターが上手くなると考えた」と語る。

このパター、甲斐慎太郎プロ、田島創志プロが使用中。田島創志プロは「このパターの一番の良さは方向が狂いづらいこと。スキッドがほとんどない」と絶賛している。

画像: ヘッドタイプは3つあり、左から「R.INP」、「S.INP」、「N.INP」。顔を好みで選ぶことができる

ヘッドタイプは3つあり、左から「R.INP」、「S.INP」、「N.INP」。顔を好みで選ぶことができる

そもそもゴルフとは全く関係ない会社が作ったこのパターは、海外からの評価も非常に高い。もちろんR&Aのルールにも適合している。この複雑な可変構造のパターでR&Aの認可を得るために相当に歳月をかけたそうだ。

画像: 左から「R.INP」、「S.INP」、「N.INP」。それぞれ独特なネック形状をしている

左から「R.INP」、「S.INP」、「N.INP」。それぞれ独特なネック形状をしている

誰でもパターが上手くなるように、難攻不落のR&Aの認可を得て、特許まで申請してしまったメーカーの熱意には、頭が下がるばかり。今年2月から大手量販店も取り扱いを開始するようなので、手にとって実物を確かめる機会が増えるようだ。今後はパターをカスタムする新たな楽しみを覚えるゴルファーが生まれるだろう。そして、MAFOU GOLFのパターの魔法にかかって、パット数が減る。そんなゴルファーが増えるはずだ。

アタッチメントセットを1名にプレゼント

今週紹介している「MAFOU GOLF INPパター アタッチメントセット」を1名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

写真/三木崇徳 文/田島基晴

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.