長いクラブを持った途端、長さからくるプレッシャーなのか、しっかり振らなきゃ、ちゃんと当てなきゃと思うゴルファーは多い。だが、本当に大切なのは、正確にフェースの芯でボールをとらえることができているか否か。スウィングの中枢を強化しなければ、気持ちよくなんて振れるわけがない。

ビジネスゾーン強化でミート率がアップ

トーナメントプロたちはよく「ビジネスゾーンが大切」というが、一体どういうことなのか?

「腰から腰の振りを安定させると正確なショットが打てて、お金が稼げてビジネスが成立するという意味です」と語るのは、青木瀬令奈を指導する大西翔太コーチ。

「振り幅でいえば、9時から3時までくらいでスウィング中に自分の視界から外れない最大の振り幅ですが、腕や手首を使わないでスウィングするのが大切なポイントです。アドレスの両肩と両腕の三角形をキープし、手首を固定したままで、テークバックとフォロースルーの高さが左右対称となるように振れば、インパクトの正確性がアップしますよ」(大西、以下同)

画像: 腕や手を使わずに胸を右に回してテークバック。フォローはテークバックと左右対称の形になるのが“ビジネスゾーン”

腕や手を使わずに胸を右に回してテークバック。フォローはテークバックと左右対称の形になるのが“ビジネスゾーン”

トップやフィニッシュの形ばかり気にする人に限ってビジネスゾーンに無頓着で、それがなかなか上達しない要因ともいえる。まずは、ビジネスゾーンの強化を目指そう。

「インパクトの正確性を上げるには、手先の動きでボールに当てにいってはダメです。腕や手を使わず、体の回転主体でスウィングしてこそ軌道が安定し、結果的にインパクトの打点の誤差が少なくなります」

長いクラブほど距離を出そうとして、手首をこねてビジネスゾーンが崩れやすい。5番アイアンやドライバーでもウェッジのように打てるようになれたらうれしいのだが……。

「まずウェッジの左手の片手打ちの練習をしましょう。右手打ちでも構いませんが、右利きの人は左手が不器用ですし、インパクトで左わきが空きやすい欠点を修正する上では左手打ちがおすすめです」

画像: ウェッジを左手だけで持ち、9時~3時の振り幅でボールを打つ。右利きの人は左手が不器用なだけにうまく当てるのが難しい。最初は左わきを押さえて、手首を固定して打とう

ウェッジを左手だけで持ち、9時~3時の振り幅でボールを打つ。右利きの人は左手が不器用なだけにうまく当てるのが難しい。最初は左わきを押さえて、手首を固定して打とう

慣れてきたら、5番アイアンやドライバーを両手でグリップし、ウェッジのときと同じように肩と腕の三角形を崩さず、腰から腰の高さで打ってビジネスゾーンを整えよう。長いクラブでもフェースの芯でボールをとらえられるようになれば、ミート率を格段にアップさせることができる。

この記事は、週刊ゴルフダイジェスト2018年2/13号の特集「ドライバーもアイアンもウェッジみたいに打ちたいね!」の一部を抜粋。ビジネスゾーンを鍛えることで上達スピードが格段に速くなるはず。続きは本誌で確認しよう。

写真/増田保雄

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.