バンカーショットが苦手な人、バンカーだと迷わずサンドウェッジ(SW)を手にしていませんか? 「バンカーが苦手な人やパワーがない人がSWで打つと、ヘッドが砂にもぐる前に、砂面でソールがはねてしまう“バウンス負け”をしてしまうケースがあります。本来、バンカーショットで活きてくるはずのバウンスが邪魔になってしまうわけです」と言うのは今野康晴プロ。そんな人には、実は52度のアプローチウェッジがいいんです!

52度をちょい開き。真っすぐ軌道で10センチ手前にヘッドを落とそう

ゴルフダイジェスト編集部(以下GD):SWよりも52度のウェッジがいい理由を教えてください。

今野康晴(以下今野):バウンスの大きいSWでフェースを開くと、バウンスが効きすぎて砂の中に潜らないことがあります。「トップしがち」という人は、52度で少し開くと、バウンスが出すぎず、ヘッドが砂に入りやすくなります。

GD:他に利点はありますか?

今野:開いてもSWよりロフトが立っているので、前に飛ばす力も大きくなり、パワーも必要ありません。若干ですが、長さもSWより長いので、ヘッド速度が上がって砂を爆発させやすいんですよ。

画像: 52度はバウンスが邪魔にならないため、ボールの下にヘッドが入りやすい。さらに、SWよりもロフトが立っているので、前に飛ぶ力が強くなる

52度はバウンスが邪魔にならないため、ボールの下にヘッドが入りやすい。さらに、SWよりもロフトが立っているので、前に飛ぶ力が強くなる

GD:打ち方は、やっぱりカット軌道で振ったほうがいいですか?

今野:その考えがそもそも間違いです。我々はストレートに振りますが、多くの方は『バンカーはカット軌道』と先入観を持って、切るように振るので、力のベクトルを分散させてしまう。

GD:では、スタンスなりでいいんですね?

今野:そう。ヘッドの落とし場所に集中して、52度でスタンスなりに振れば綺麗に抜けます。

GD:落とし場所の目安は?

今野:ヘッドを落としたい場所にセットして構えればOK。ボールの10センチくらい後ろが目安です。アバウトにセットしているから、もっと手前に落ちてしまうんですよ。

画像: ボールの後ろ10センチを落とし場所にする。「52度のちょい開きなら、10センチ手前でも十分出ます」

ボールの後ろ10センチを落とし場所にする。「52度のちょい開きなら、10センチ手前でも十分出ます」

バンカーがどうしても苦手だというゴルファーでも、「52度をちょい開き」を合言葉にすれば、簡単に出せそうだ。

今野康晴(いまの・やるはる)。1973年生まれ。長年ツアーの第一線で活躍し、ツアー通算7勝を挙げた

(週刊ゴルフダイジェスト2017年2/14号より)

写真/有原裕晶

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.