この季節、朝一番のスタートは寒さで体が思うように回らない。そんなとき、ミスショット防止に役立つのが3本素振りだ。コースに練習場がない場合や、練習する時間がないときにもこの素振りを行えばストレッチ効果が高まり、振る感覚を呼び起こすことができる。早速、方法をお教えしよう。

小さな振りを徐々に大きくする

ゴルフダイジェスト編集部(以下GD):朝は体が硬くて、ナイスショットしそうもないのですが。

野仲茂(以下野仲):体を入念にほぐしておかないと、いきなりドライバーを振っても当たるわけがありませんし、ケガをする危険があります。時間があまりない場合でも、ウェッジでストレッチと素振りを行いましょう。ストレッチは2本を互い違いに持って行うのが基本です。

GD:それでもほぐれないなという場合は?

野仲:ウェッジを1本増やして素振りをします。小さい動きから始めて、徐々に動きを大きくして行き、全部で10回ほど行うと効果的です。

GD:関節や筋肉が重さで引っ張られて、体が柔らかくなる感じがします。

画像: 3本素振りは小さな振り幅でスタートし、振り幅を徐々に大きくしていく。クラブの遠心力を利用し、体重移動量と体の回転量を増やしていこう

3本素振りは小さな振り幅でスタートし、振り幅を徐々に大きくしていく。クラブの遠心力を利用し、体重移動量と体の回転量を増やしていこう

野仲:3本素振りでほぐれたら、ドライバーを使ってボールの前で3回素振りをします。この素振りでリズムを確認でき、ナイスショットが打てる準備が整います。

GD:午後のスタート前も3本素振りがいいのでしょうか?

野仲:午後は体がある程度温まっているので、基本の2本素振りで十分です。体の動きでボールをとらえられているか、この2本素振りで確認しましょう。

GD:具体的には?

野仲:テークバックでしっかり右の股関節に体重を移動させます。クラブヘッドの重みを感じてクラブを上げましょう。

画像: ヘッドの重みを感じてゆっくり大きく振る

ヘッドの重みを感じてゆっくり大きく振る

GD:実際のショットのように、トップまで上げていいのですね。

野仲:そうです。あとはクラブヘッドの重さにつられるようにして、体をねじり戻す。腕と体の動きの一体感を大切にして振ってください。

この記事は、週刊ゴルフダイジェスト2018年2/20号の特集「朝イチショットは5分前の『3本素振り』が効く」より。体が動きづらい朝イチのティショットの攻略法が掲載されている。続きは本誌でチェックしよう。

写真/大澤進二

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.