飛距離にロスが生じるだけでなく、ボールへのコンタクトが甘くなってミート率が低下する「すくい打ち」。自分は大丈夫! と思っていても、意外と“隠れすくい打ち”の人は多い。まずは4項目の項目に答えてすくい打ちになっていないかをセルフチェック。万が一すくい打ちだと判定されてしまったら……続きを読もう!

「すくい打ち」をセルフチェック!

まずは、以下4項目をチェックして、自分が「すくい打ち」なのか確認してみよう。

1:スライスが持ち球。たまに引っかけも出る
2:左足下がりのライが苦手
3:ショートアイアンで番手なりの飛距離が打てない
4:フェアウェイよりセミラフのほうが打ちやすい

※1つでも当てはまる人は「すくい打ち」

上げたいという意識がすくい打ちを生む

週刊ゴルフダイジェスト編集部(以下GD):セルフチェックをしたら、1項目どころか、4項目すべてで思い当たるフシが……。

南出仁寛プロ(以下南出):かなり重症ですね(笑)。すくい打ちの度合いが強ければ強いほど、当てはまる項目は多くなりますからね。

GD:自分ではすくい打ちの意識がないのですが。

南出:すくい打ちの原因の動きは、➀インパクトで体重が右に残る、➁腕のリリースが早い、➂ダウンスウィングで左腰が浮く、の3つです。この3つの動作を引き起こす要因には、ある共通の意識があります。

GD:それはなんですか?

南出:ボールを上げたいという意識です。ボールを上げようとして、クラブを下から上に振ろうとしてしまう。ティアップして打つドライバーは、それでも打てますが、地面のボールを打つFWやアイアンでは、ダフリやトップはもちろん、あらゆるミスが出てしまいます。

GD:なるほど。

南出:正しいスウィングができれば、クラブのロフトとバックスピンで、ボールは勝手に上がってくれるんですよ。

GD:では、どうすればすくい打ちが直せるのでしょうか。

南出:すくい打ちがなかなか直らないという人は、クラブを手や腕の力に頼って振る、いわゆる“手打ち”が多いんです。

GD:上手く当てたい、ボールを上げたい、と思うから、余計に手打ちになってしまう……。

南出:そうですね。手打ちを直すことで、すくい打ちも自然と直ってくるんです。

GD:何か効果的なドリルはありますか?

南出:クラブは必要ありません。用意するのは、2リットルサイズの、空のペットボトルです。

GD:ペットボトルですか?

南出:水を半分程度入れ、両手で挟むように横に倒して持ちます。この状態で腰から腰の高さで、スウィングの動きをしてみてください。このとき、中の水がジャバジャバと波立たってしまう人は、手打ちになっている証拠です。

GD:腕を速く振ろうとすると、水が波立ってしまいますね。

南出:体の回転と腕の動きを同調させれば、水はゆっくり左右に移動して、波立つことはありません。この感覚がつかめれば、手打ちが直り、自然とすくい打ちも直ります。

画像: 「体と腕の動きが同調していれば、ペットボトルの水は透明のまま、静かに左右に移動します。ジャバジャバと白く波立ってしまうのは、手打ちでペットボトルが急加速している証拠です」(南出)

「体と腕の動きが同調していれば、ペットボトルの水は透明のまま、静かに左右に移動します。ジャバジャバと白く波立ってしまうのは、手打ちでペットボトルが急加速している証拠です」(南出)

この記事は、週刊ゴルフダイジェスト2018年3月20日号特集「まさか! 自分が“すくい打ち”? 早期発見、早期改善!」の一部を抜粋。本記事で紹介したほかにも、すくい打ちを改善するための“処方箋”が盛りだくさん。本誌で続きを読んでみよう!

写真/西本政明

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.