多くのアマチュアが苦手としているアプローチ。プロのアプローチは、僕たちアマチュアと何が違っているのだろうか。ツアーで活躍する幡野夏生とプロコーチの井上透に、「アプローチをどういう風に打ってるの?」と聞いてみた。

返ってきた答えは基本的なことばかりだった

ツアープロである幡野夏生に「アプローチってどうしてる?」と聞いたところ、返ってきた答えは「ボールの状況とピンの周りの傾斜を考えて、そのときに一番寄る可能性の高い方法でアプローチする」と、かなり高度な回答。

プロコーチ・井上透によると、そもそも多くのアマチュアはそういったことを考えられるレベルには達していないとのこと。

「アマチュアの場合は何かの選択というよりは、構えたときに当たるか当たらないかみたいなところで悩んでいることが多いです。まずはミートに対しての不安を排除する練習をする必要があります。」

うん、たしかにそうだ。それではミートに不安のないツアープロ・幡野夏生はそもそもどうしてミートに不安がないのか。そのやり方を聞いてみる。

「まずボール位置は若干スタンスに対して真ん中よりも右足寄り。なるべくボールの近くに立って(両肩と手元が作る)三角形をキープしながらあんまり手先を使わずにスウィングするイメージです」(幡野)

画像: 幡野夏生のアプローチのセットアップ。左腕からシャフトまで一直線に構えている

幡野夏生のアプローチのセットアップ。左腕からシャフトまで一直線に構えている

井上コーチによると、幡野のアプローチは基本にかなり忠実なものであるとのこと。より詳しい解説を聞いてみよう。

「手先を使わないイメージでクラブを上げて、元の場所にもどすようにインパクトしています」

左腕とシャフトが一直線になった構え。右寄りすぎない、スタンスのほぼ真ん中のボール位置。手先で挙げずに体で上げるスウィング。ボールではなく目標に向ける意識……なんというか、出てくる言葉は僕らも知ってる「基本」だらけ。

「基本」をおろそかにせず、徹底しているから、プロはミートに不安がないことがよくわかった。

画像: 腕の三角形を維持しながらフィニッシュでは素直にボールを見送る基本通りのアプローチ

腕の三角形を維持しながらフィニッシュでは素直にボールを見送る基本通りのアプローチ

動画ではアプローチの考え方や幡野プロのやり方を、二人の楽しい掛け合いとともに、より詳しく解説している。是非チェックしよう。

画像: 【楽しいゴルフレッスン】プロが教えるアプローチのコツ~井上透と幡野夏生のこれってどうしてる?#5 youtu.be

【楽しいゴルフレッスン】プロが教えるアプローチのコツ~井上透と幡野夏生のこれってどうしてる?#5

youtu.be
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.