WGCブリヂストン招待の会場、ファイヤーストーンCCに、ついにタイガー・ウッズが姿を見せた。過去8勝している相性抜群なコースでの復活優勝に期待がかかるタイガーの練習の模様を、月刊ゴルフダイジェストのツアー担当・ケンジロウが現地からレポート!

こんにちはケンジロウです。オハイオ州アクロンのファイヤーストーンCCからお届けしております。

今週はWGCブリヂストン招待の取材に来ております。練習日最後の水曜日の今日は全英オープンに勝ったモリナリやマスターズチャンピオンのガルシア、そしてジャスティン・ローズなどそうそうたるメンバーが練習に現れ、最終調整に励んでいました。

連覇のかかる松山英樹はお昼前にコースに現れて、練習ののちハーフを回り、再びみっちり球を打ってコースを後にしました。

さて、今週の注目選手と言えばもちろんこの人でしょう、そうタイガー・ウッズです。このファイヤーストーンでなんと8回も勝っていて、抜群に相性のいいコースと言えます。

「今のツアーにはほとんど見られないようなアットホームで小ぢんまりとした雰囲気の中で行われるトーナメント。コースもとてもシンプルで設計の狙いがはっきりわかる。また戻ってこられたことにすごく興奮しているよ」(タイガー)

画像: ハーフラウンド後、ギャラリーにサインしている時にNBAで活躍した往年のスター、ロン・ハーパー(シカゴブルズとレイカーズで優勝経験あり。ブルズ時代にはジョーダンと一緒にプレー)が挨拶に来た時には驚きの表情も(写真は2018年のWGCブリヂストン招待練習日)

ハーフラウンド後、ギャラリーにサインしている時にNBAで活躍した往年のスター、ロン・ハーパー(シカゴブルズとレイカーズで優勝経験あり。ブルズ時代にはジョーダンと一緒にプレー)が挨拶に来た時には驚きの表情も(写真は2018年のWGCブリヂストン招待練習日)

このようなコメントからも彼の好きなコースと言うのは間違いありませんね。またファイヤーストーンでのWGCが今回で最後になるため、9回目の優勝が是が非でも欲しいところだと思います。

我々取材スタッフもタイガーが出るということで、練習日の月曜日から「いつタイガーが練習に来るんだろう」とソワソワとしておりました。

けれど、月曜日も火曜日もコースに現れず、みなの関心は水曜日の何時に来るかということにシフト。水曜日の公式インタビューの時間が午前11時と決まっていたので、その前に朝早くからラウンドするだろうと、我々取材班は早朝からコースに来て“タイガー待ち”をしていました。

タイガーといえば朝早く練習ラウンドをすることで有名ですからね。まだ暗い午前5時ぐらいから練習ラウンドしていることなどが昔はよくありました。コースに来たら「タイガーはもう帰ったよ」なんて肩透かしを食らったことが何度もあります。

早朝薄暮の練ランは有名人の定番ですからね。こうしてタイガー取材のために“朝駆け”するなんてなんか懐かしいなと、行きの車の中でしみじみとしてしまいました。

結局、蓋を開けてみれば、タイガーがコースに来たのはそのインタビューに合わせた午前11時。会見が終わったあと、長らくパットの練習をしていたかと思ったら、遅れてやってきたフィル・ミケルソンと隣同士で球を打ち始めました。

「フィルとタイガー、一緒に回るんじゃない?」

そんなヒソヒソ話が耳に入ってくるほど、2人の練習スピードはほぼ一緒。案の定、タイガーとフィル、そしてザック・ジョンソンを加えた3人が14時ごろより1番ホールをスタート。フィルとタイガーは会話も多く終始楽し気にラウンドしていましたね。一緒にアプローチしてアドバイスし合うような姿も見られました。

画像: フィル・ミケルソンとアプローチについて話すタイガー(写真は2018年のWGCブリヂストン招待練習日)

フィル・ミケルソンとアプローチについて話すタイガー(写真は2018年のWGCブリヂストン招待練習日)

タイガーは全英オープンからの変更点と言えば、ロングアイアンをいくつかテストしていたことです。全英オープンではテーラーメイドの「ギャッパー」を使っていましたが、この日はギャッパーも含めた複数のロングアイアンを打っていました。

タイガーはホールアウト後も終始リラックスした様子でファンのサインに応じていましたね。久しぶりのファイヤーストーンを楽しんでいる様子でした。

以下、タイガーのコメントです。

「体の状態が良くなったことで、いろいろとできるようになったのが嬉しいよ。以前のような深いバックスウィングはできなくなったけど、まだ他のやり方でスウィングスピードを上げることができるしね。

そしてパッティングの練習を復活できるようになったのも本当に良かった。長い時間体を曲げていることができなかったからね。ここ1、2か月パッティングが上手くいってなかったのは知っていると思うけど、練習ができるようになったのは大きいよ」

画像: 体の状態が良くなったことで、パッティング練習を長時間できるようになった(写真は2018年のWGCブリヂストン招待練習日)

体の状態が良くなったことで、パッティング練習を長時間できるようになった(写真は2018年のWGCブリヂストン招待練習日)

そのコメント通り、今日のタイガーは長らくパッティングの練習をしていました。あの強いときの神がかったパットが戻ってきたら、いよいよ完全復活の日も近そうですね。

撮影/姉﨑正

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.