自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平。キレのいい動きでゴルフスウィングを解き明かす原田が、フィニッシュでバランスが崩れなくなる「カラダ先行素振り」を伝授!

フィニッシュで止まれないなら先にフィニッシュを作ってしまえばいい

プロや上級者はフィニッシュがピタッと決まってカッコイイですよね。「終わり良ければ、すべて良し」といいますが、バランスのいいフィニッシュが取れるのは、正しい下半身リードのスウィングができた証拠でもあります。

フィニッシュでバランスが崩れてしまい、ピタッと止まれないのは、上半身主体の“手打ち”スウィングになっているから。下半身が先行して動き、その後に上半身、そして腕とクラブという順番で動いたほうが、バランスが取りやすく、フィニッシュでピタリと止まることができます。

画像: フィニッシュがビシッと決まるローリー・マキロイ(写真は2018年のザ・ホンダクラシック 撮影/姉崎正)

フィニッシュがビシッと決まるローリー・マキロイ(写真は2018年のザ・ホンダクラシック 撮影/姉崎正)

練習法としては、体だけ先にフィニッシュの形を作ってから、クラブを振り切っていく素振りがおススメです。見た目はカッコ悪いですが、この素振りを行うことで、下半身リードのスウィングが自然と身に付きます。

この関係性を体で理解するのに、とても効果的な素振りのドリルなので、ぜひ試してみてください。たとえば、ドラコンの選手も試合直前のウォームアップなどで、似たような素振りをよくやっています。それはバックスウィングをしないで、フィニッシュまで振り切る素振りです。

クラブはそのまま、先に体だけを左に回して、フィニッシュまで振り切る。重心が先にフィニッシュのポジションまで動き、その後にクラブが振られて、上体が重心の上に乗り込んでくる。だから、フィニッシュでバランスが取れ、ピタッと止まることができるんです。

画像: クラブは動かさず体だけ左に回し、そこから力いっぱいクラブを振る

クラブは動かさず体だけ左に回し、そこから力いっぱいクラブを振る

感覚がつかめてきたら、実際にボールを打ってみましょう。ボールはどこに飛んでも構わないので、とにかく体を先に動かし、その後にクラブがついてくるイメージで、フィニッシュまで振り切る。

フィニッシュでバランスを崩してしまう人に多い、インパクトでボールにヘッドをぶつけて終わりのスウィングから、フォローでヘッドが加速するようなスウィングに変わるので、飛距離アップにも繋がりますよ。(談)

画像: フォローに向かって力が入る!カラダ先行素振り~HARADAGOLFで上手くなる~ youtu.be

フォローに向かって力が入る!カラダ先行素振り~HARADAGOLFで上手くなる~

youtu.be
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.