残り100ヤードからのショットが乗るかどうかはスコアメークの分かれ道。大事なのは「距離のコントロール」というのは、“ノリー”こと教え上手の堀口宜篤プロ。残り100ヤードをしっかり乗せるためのコツを教えてもらおう!

「一番手」大きいクラブで余裕を持って狙っていこう

100ヤードを乗せるために、まず大切なのはクラブ選択だ。

「(ヘッドスピードのある人ならば)56・58度のウェッジでも目一杯振ると100ヤード飛ばすことができますが、ウェッジは飛距離を出すためではなくコントロールするための道具。適切な距離にボールを運ぶためには52・54度など、一段階ロフトが立ったものを選びましょう」(ノリー、以下同)

フルショットで正確に狙いをつけるのは難しいが、よりロフトが立ったクラブを使えば、ボールをコントロールする余裕も生まれてくる。もちろん、使用クラブがウェッジである必要はまったくない。フルショットで100ヤード飛ばせるクラブの一つ上の番手を使うことが、無理なく乗せるコツだ。

画像: 一段階ロフトが立ったクラブを選ぶことで、余裕のあるスウィングができる

一段階ロフトが立ったクラブを選ぶことで、余裕のあるスウィングができる

では、肝心のスウィングで気をつけるべきこととは何なのか。

「まず、グリップは短めに握りましょう。スタンスはいつも通りのワイドではなく、若干狭めで構えてコントロールできる状態を作ります。

スウィングに関しては、ローテーションやコックを使ってしまうとクラブの入射角が変わりやすく引っ掛けてしまうリスクがあるので、手の動きを抑えた状態で振りましょう」

画像: グリップを短く握ることでクラブ軌道がコンパクトになり、コントロール性が上がる

グリップを短く握ることでクラブ軌道がコンパクトになり、コントロール性が上がる

力加減を調整する方法として、スウィングを時計の盤面に例えて「何時~何時」の間でクラブを振りましょう、というレッスンがあるが、人によっては体がゆるんでしまいダフったりトップになりがち。「トップの位置は普段と変えず、体の回転のスピードを変えることで距離をコントロールするのが良いです」とノリー。

そして、そのためには、たとえばおへその向きだとか、背中の力加減だとかと、動きの速さをコントロールする“スイッチ”を見つけることが大切だという。それは人それぞれ異なるので、体のどこを意識するといいか、練習しながら探っていこう。

画像: 回転スピードが上がっていく感覚をつかむポイントは人それぞれ。練習を通して探ってみよう

回転スピードが上がっていく感覚をつかむポイントは人それぞれ。練習を通して探ってみよう

動画で詳しい動きをチェックして、“100ヤードからのナイスオン”を実践してみよう!

画像: のりー100ヤードようつべ youtu.be

のりー100ヤードようつべ

youtu.be
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.