世界ランク1位のダスティン・ジョンソンが自身のtwitterで、ジャック・ニクラスのパーシモンドライバーと1番アイアンを打った動画をシェア。果たして何ヤード飛んだ!?

帝王のクラブを世界最強の飛ばし屋が打つと、さてどうなる?

「今日はベアーズクラブ(注:ジャック・ニクラス設立のコース)でクールな体験をした。ジャック・ニクラスとゲーリー・プレーヤーが、ダスティン・ジョンソンがジャックの古い1番アイアンとパーシモンドライバーを打つのを見たいって言ったんだ」

そうツイートしたのはダスティン・ジョンソン・ゴルフスクールの公式ツイッター。投稿にはDJがジャック・ニクラスのものと思しきアイアンとドライバーを打っている動画がつけられている。

画像: Dustin Johnson Golf School on Twitter twitter.com

Dustin Johnson Golf School on Twitter

twitter.com

今年の頭にはセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズで432ヤードという爆発的飛距離を稼ぎ出して話題となり、今シーズンの平均飛距離は314.5ヤードでツアー6位。世界屈指の飛ばし屋であるDJが古いクラブを打つと一体何ヤード飛ぶのか……? せっかくなので、まずはアンケート。みなさん、何ヤード飛んだと思いますか?

DJがパーシモンを打った! 飛距離は?

  • DJのことだから、350ヤード以上!
  • 意外と普段の飛距離と大きく変わらないのでは? 301〜350ヤード
  • さすがに1割くらいは飛距離が落ちる。281〜300ヤード
  • 最新モデルとパーシモンの性能は雲泥の差。280ヤード以下
  • DJのことだから、350ヤード以上!
    7
    187
  • 意外と普段の飛距離と大きく変わらないのでは? 301〜350ヤード
    20
    531
  • さすがに1割くらいは飛距離が落ちる。281〜300ヤード
    38
    997
  • 最新モデルとパーシモンの性能は雲泥の差。280ヤード以下
    34
    882

さて、その正解は……DJが自らのツイッターで明かしたところによれば、「290ヤード」だったそうだ。平均飛距離314.5ヤードなので、25ヤードほど飛距離が落ちたことになる。ちなみに1番アイアンの飛距離は「232ヤード」だったとか。

画像: ドライバー平均314.5ヤード飛ばすダスティン・ジョンソンがパーシモンを打ったら……!?(写真は2018年の全米オープン 撮影/岡沢裕行)

ドライバー平均314.5ヤード飛ばすダスティン・ジョンソンがパーシモンを打ったら……!?(写真は2018年の全米オープン 撮影/岡沢裕行)

最新モデルと数十年前のパーシモンで飛距離差25ヤードというのはなんとなく納得がいくが、海外サイトの報じるところによると、その数字はあくまでキャリーの数字で、トータルでは318ヤード飛んだという話もある。それだとシーズンの平均飛距離を超えちゃうんですけど……。

真相はどうあれ、これには“打たせた”ニクラスも大喜び。「ドライバーで290ヤードっていうのは、イマドキのプレーヤー(“modern-day” player)にはちょっと印象的だったんじゃない?」と茶目っ気たっぷりにツイートしている。

それにしてもパーシモンでも300ヤード級の飛距離……やっぱりDJってすごい!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.