アメリカで珍しい(?)ゴルフボール泥棒が捕まった。近隣のゴルフ場からゴルフボール100万円分、2万800個を盗み、“横流し”していたというのだが……一体どうやって逮捕に至った!?

米国コネチカット州のローカルメディア「フェアフィールド・シチズン」が伝えるところによると、警察が操作を開始したのはこの夏のこと。「ペターソンゴルフクラブ」のメンバーが、クラブのロゴ入りボールを別のゴルフ練習場で発見したのがきっかけ。

画像: 犯人は100万円分、2万800個ものボールを盗んだという(写真はイメージ)

犯人は100万円分、2万800個ものボールを盗んだという(写真はイメージ)

ゴルフ場側も過去に3度ボールがなくなったと証言。実に2万800個ものボールが盗まれたというから驚く。それにしても、ゴルフ場には2万個以上もボールがあるとは……!

そこで警察はゴルフ練習場に足を運んでひとカゴ分のボールを購入。そこに「ペターソンゴルフクラブ」のロゴ入りボールを発見。練習場の支配人が警察にそのボールを売り込んできた男、ジョセフ・コレンダの名前と連絡先を伝えたことで、“御用”となったという。

練習場はボールをひとつ73セントで購入。犯人が盗んだボールの価値は、シメて1万950ドルだったというが、その男が支払った保釈金は1万ドルだったそう。悪いことはできないものである。

撮影/小林司

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.