自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平。キレのいい動きでゴルフスウィングを解き明かす原田が「シャフトのしなりの作り方」を伝授してくれた。

今回のレッスンテーマは、「シャフトのしなりの作り方」です。ボールをより遠くへ飛ばすには、しなったシャフトが元に戻ろうとするときの、“しなり戻り”を利用して、ヘッドスピードをアップさせることが重要になります。

ただ、多くのアマチュアは、クラブを前へ前へと動かして、自分の力でシャフトのしなり戻り状態を作ろうとしがちです。しかし、強いしなり戻りを作るには、まずトップでいかに逆方向の強いしなりを作れるかが、もっとも大事なポイントになるんです。

では、どうすればトップでシャフトの強いしなりを作ることができるのか。そのコツは、クラブをトップまで上げた瞬間に、自分の体を大木のような硬い状態にするんです。実際にやってみると、ほら、トップでシャフトに強いしなりが入りますよね。試しに、体をユルユルに緩ませた状態だと、トップでシャフトにしなりは入りません。

画像: トップで体に急ブレーキをかけることでシャフトがしなる

トップで体に急ブレーキをかけることでシャフトがしなる

バックスウィングで動いている体を、トップで一瞬止めて、間を作ってあげる。この動作を入れることで、トップでシャフトがしなり、ダウンからインパクトで強いしなり戻りを作ることができるんです。レッスンでは、「トップで間を作れ」とよく言いますよね。それはトップでシャフトをしならせるためなんです。

繰り返しになりますが、しなり戻りは自分で意識的に作るものではなく、トップでシャフトをしならせることによって生まれるものなんです。

次に、トップでシャフトをしならせる感覚をつかむための練習法を紹介しましょう。トップでシャフトのしなりが作れないと、切り返しでいくら力を入れてクラブを下ろしても、しなり戻りは生まれません。

まずはドライバーを持って、普段とは逆方向の左素振りをしてみましょう。何回か連続で素振りをしたら、フィニッシュの手前、ちょうど右で振るときのトップ位置ぐらいで動きを止めて、クラブに急ブレーキをかけるんです。すると、その瞬間にシャフトがたわんでしなりが生まれるのが分かるはず。左素振りと右素振りを交互に、連続で繰り返していくと、トップでシャフトをしならせる感覚がつかめてきます。

画像: シャフトをしならせる感覚をつかむには左素振りがおすすめだと原田

シャフトをしならせる感覚をつかむには左素振りがおすすめだと原田

トップで強いしなりを作ることができれば、最新シャフトの高性能をフルに生かせるようになって、ヘッドスピードが確実にアップしますよ。(談)

YouTube

www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.