「ゴルフを始めたい!」 と思っても、どう始めればいいかがイマイチわからない。あるいは、始めたはいいけれど一向に上手くなれないという初心者ゴルファーに向けて、ゴルフの基本の“キ”、「ゴルフクラブの握り方」を、自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平がレッスン!

指2本分「短く握る」のがオススメ

野球やテニスなど、道具を使って球を打つスポーツはいろいろありますが、ゴルフのグリップはちょっと特殊な握り方をするので、「どう握るのが正しいんだろう?」と思っている人も多いはず。これからゴルフを始めたい人、また始めたばかりのビギナーであれば、まずグリップを少し短く握ることを、ボクはおススメします。なぜかというと、グリップエンドのギリギリまで、めいっぱいの長さで持ってしまうと、クラブのコントロールがしにくいからです。

では、どの程度、短く握ればいいかというと、グリップエンドからおよそ指2本分、グリップを余らせるように握ると、クラブの操作がとてもしやすくなります。最初から長く持って、それに慣れてしまうと、短く持つことに違和感が出て、後から修正するのが難しくなってしまいます。なので、最初は短く持つことから始めたほうが、やさしくクラブが操作できるので上達も早くなります。

画像: グリップエンドから指2本分、グリップを余らせて握ろう

グリップエンドから指2本分、グリップを余らせて握ろう

また、ビギナーのグリップを見ると、野球のバットのように、グリップを手のひらで深く握り込んでしまう人が多いんです。ゴルフクラブのグリップはバットと違って細いため、手のひらではなく、指を中心に握ったほうが、やはりクラブの操作がしやすくなります。

では、まず左手の握り方から説明していきましょう。先ほどもいったように、小指から人差し指の4本で、グリップを指先から包み込むように握り、親指はグリップの真上に乗せます。ヘッドを地面に置いた状態で、グリップを真上から見たときに、人差し指と中指の拳2つ分が見えればOK。ビギナーの人はクラブを手のひらで強く握ろうとして、左手が目標方向に少し開いた状態になりやすいので注意しましょう。

画像: 強く握ろうとすると写真右のように左手の拳が見えない。写真左のように、人差し指と中指の拳が見えるように握ろう

強く握ろうとすると写真右のように左手の拳が見えない。写真左のように、人差し指と中指の拳が見えるように握ろう

次に右手の握り方ですが、右手はグリップの真上に乗せた左手の親指を包み込むように、やはり指先を中心に握り込んでいきます。

画像: 左手の親指を包むように、右手を握る

左手の親指を包むように、右手を握る

ゴルフのグリップでもっとも特徴的なのが、右手の小指の握り方です。これには大まかに3つのタイプがあり、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に乗せるのが、“オーバーラッピンググリップ”と呼ばれる握り方です。

他には、右手の小指と左手の人差し指を絡ませるように握る“インターロッキンググリップ”、そして10本すべての指で握る“テンフィンガーグリップ”の2つがあります。この3つのタイプのなかで、もっともポピュラーなのが、“オーバーラッピンググリップ”で、ボクもアマチュアの方にはこの握り方を推奨しています。

画像: 原田が推奨するのは、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に乗せるオーバーラッピンググリップ

原田が推奨するのは、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に乗せるオーバーラッピンググリップ

もうひとつ、右手のグリップで特徴的なのが、右手の親指と人差し指の握り方です。ビギナーの人は利き手の右手に頼ったスウィングになりやすいため、親指を伸ばしてクラブをしっかり握ろうとしがちです。ゴルフは左右の手をバランスよく使うことが大事。

画像: 右手の親指と人差し指は同じ高さ、ちょうどピストルのトリガーを引くような感じで握ると良い

右手の親指と人差し指は同じ高さ、ちょうどピストルのトリガーを引くような感じで握ると良い

なので、右手のグリップを横から見たときに、親指と人差し指の高さが同じになるように握るといいでしょう。親指はグリップの真上に乗せず、ピストルのトリガーを引くような形で握ります。この形を作ることで、左右の手の力のバランスが取りやすくなるんです。(談)

写真/小林司 取材協力/ザ・ゴルファン

YouTube

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.