プロの試合を見ていると、短い番手のアイアンを打つときにフォローの途中でクラブを止めるスウィングをしているのをよく見かけるが、コレはいったいなんのため? 数多くのアマチュアを指導してきたティーチングプロ・鈴木真一に詳しい話を聞いてみたら、そこにはショートアイアンのコツが詰まっていた!

フィニッシュを取らないのはボールをしっかり押すため

プロの試合を見ていると「クラブがピタッとフィニッシュに収まっていてカッコいいな~」なんて思ってしまうもの。しかしよくよく見ているとアイアン、それもショートアイアンを打つときに関しては、フィニッシュを取らずに打っているプロが結構いることに気づく。

アイアンはタテの距離感や方向性にも細かく気を配らなければならないクラブなので、何かしら調節しているのだろうとは思うのだが……。

画像: 松山英樹もショートアイアンではフィニッシュを取らずに打っている。いったいなぜ?(写真は2019年のWGCメキシコ選手権 撮影/姉崎正)

松山英樹もショートアイアンではフィニッシュを取らずに打っている。いったいなぜ?(写真は2019年のWGCメキシコ選手権 撮影/姉崎正)

このフィニッシュを取らないスウィング、ティーチングプロ・鈴木によれば「ロフトを立ててボールをしっかり押す」ための動きで、短い番手のアイアンで手前にショートしがちなアマチュアにもオススメの打ち方だという。

「しっかりフルショットしてダフりもしなかった、なのにショートしてしまう。これって要は、インパクトしたときにヘッドがボールの下をくぐり抜けてしまっているから起きるんです。フィニッシュを取らないような振り方をすることで、自然とハンドファーストになりボールを押すように打つことができます」(鈴木)

画像: クラブが寝ていると(左)ボールの下をくぐり抜けてしまい、上手く力を伝えられない。フィニッシュを取らない振り方をすることで自然とハンドファーストになり(右)ボールをしっかり押せる

クラブが寝ていると(左)ボールの下をくぐり抜けてしまい、上手く力を伝えられない。フィニッシュを取らない振り方をすることで自然とハンドファーストになり(右)ボールをしっかり押せる

「アイアンはハンドファーストで打つといい」とよく言われるが、短い番手になればなるほどロフトを立てる動きの重要度は増す。これを重視するプロたちが、フィニッシュを取らないスウィングをしているというわけだ。

これに加えて、鈴木はフェースの動きのイメージを変えてみるとより良いという。

「フェースの開閉といえばシャフトを軸にヘッドを横向きに回転していく動きをイメージすると思いますが、ショートアイアンではフェースを(ロフトを立てるように)タテに回すイメージで打ってみてください。ハンドファーストがより強くなります。

最初はそんなに大きく振らなくてもいいしヘッドスピードも気にしなくていいので、低いボールを打てるように練習しましょう。そこから徐々に振りの大きさを上げていけば、ボールを押す感覚がわかってくると思います」

画像: フェースをタテに回すイメージで打つことで、よりハンドファーストの度合いが強まる

フェースをタテに回すイメージで打つことで、よりハンドファーストの度合いが強まる

フェースをタテに回すイメージで打ってみると、ボールをしっかり押せるぶんフィニッシュまで振り切っていたときよりも飛ぶ、なんていうことが起こったりするという。

「この動きはショートアイアンだけでなくウェッジでのアプローチにも有効です。フェースにボールが乗る動きになるので球持ちが良くなります。ゴルフではボールをターゲットに向けて押すという動きが絶対に必要ですので、そのためにはちゃんとフェースにボールを乗せられなければダメなんです。

なによりも、ロフトをコントロールするという発想が芽生えるのが大きい。アイアンの飛距離を決める要素は入射角などいろいろありますが、結局ロフトのコントロールがかなり大事なんです。それも、短い番手になればなるほどに、です」

ボールを押すように打てればショートの改善にもつながるし、ライが悪いところでもしっかり打てるようになる。ショートアイアンでお悩みの方は、ハンドファーストを心がけてみよう。

協力/トータルゴルフフィットネス

YouTube

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.