昨年のステップアップツアーの賞金女王・河本結が「アクサレディス」で嬉しいレギュラーツアー初優勝をつかんだ。そして、その勝利の背景には、大会直前に変えた“2本のクラブ”の存在があった!

女子ツアー開幕戦で河本結のバッグの中身を見せてもらうと、ドライバーは「エピックフラッシュ サブゼロ」が、パターは「トゥーロン ポートランド」が入っていた。そして、これらのクラブについて河本はこう語っていた。

画像: 河本のエース「エピックフラッシュ サブゼロ」 ※写真は開幕戦でのもの

河本のエース「エピックフラッシュ サブゼロ」 ※写真は開幕戦でのもの

「ドライバーは、まだ馴染んでいないので(昨年使用していた)ローグに戻す予定です。勝負ギアはこのパター、トゥーロン。かっこいいし打感もよくて思ったところに出てくれるのが気に入っています」

結果的に、“馴染んでいない”はずのドライバーと、“勝負ギア”だと言っていたのとは別のパターで勝利をつかむことになるのだからゴルフは面白い。

画像: フェアウェイウッド は女子プロ人気の高い「ローグ スター」を使用

フェアウェイウッド は女子プロ人気の高い「ローグ スター」を使用

河本を勝利に導く魔法の杖となったのは、大会直前に投入したエピックフラッシュ サブゼロドライバーと、オデッセイ トゥーロン アトランタパター。この変更に関して、河本のコーチを務める目澤秀憲は言う。

「ドライバーはエピックフラッシュに戻し、シャフトもスピーダーエボリューションⅣに変えています。その調整が上手くいきました。また、パターもトゥーロンの違うモデルにしたことも、いいほうに転がったと思います」(目澤)

画像: “変えなかった”クラブの代表がこのアイアン。バックフェースの鉛、フェース面の打痕が「プロの道具」であることを伝えてくる

“変えなかった”クラブの代表がこのアイアン。バックフェースの鉛、フェース面の打痕が「プロの道具」であることを伝えてくる

一方、アイアンは「縦の距離感が狂うのが嫌だったので」(目澤)と昨年から変更せず。変えるところは変え、変えないところは変えない。柔軟なセッティングが引き寄せた、ツアー初優勝だった。

画像: セッティング写真は開幕時のもの。ドライバーのシャフトはスピーダー569エボリューションⅣに、パターは写真の「オーワークス 」から「トゥーロン ポートランド」を経て「トゥーロン アトランタ」に変更された

セッティング写真は開幕時のもの。ドライバーのシャフトはスピーダー569エボリューションⅣに、パターは写真の「オーワークス 」から「トゥーロン ポートランド」を経て「トゥーロン アトランタ」に変更された

【河本結の14本】※アクサレディス優勝時
1W:キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ(8.5度、スピーダー569エボリューションⅣ)
3W:キャロウェイ ローグスター(15度、スピーダー661エボリューションⅣ、硬さS)
5W:キャロウェイ ローグスター(18度、スピーダー661エボリューションⅣ、硬さS)
UT:キャロウェイ XR OS(19度、MCH70、硬さS)
5I〜PW:キャロウェイ Xフォージド(NSプロ850GH、硬さS)
48、52、58度:キャロウェイ マックダディフォージド(NSプロ950GH、硬さS)
PUTTER:オデッセイ トゥーロン アトランタ

撮影/三木崇徳

画像: プロゴルファーはどんなクラブを選ぶの?幡野夏生と井上透コーチが徹底解説!~これってどうしてる?#12~ youtu.be

プロゴルファーはどんなクラブを選ぶの?幡野夏生と井上透コーチが徹底解説!~これってどうしてる?#12~

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.