ラウンド中にドライバーの飛距離で負けるとつい力んでスコアを崩してしまう。他人と比べてしまい本来持つパフォーマンスを発揮できない、そんな経験は誰しも持っているはず。メンタルコーチ池努が教える「魔法のキューワード」でスイッチを切り替えよう。

あなたはゴルフ中に他人と自分を比べる癖がありますか? ゴルフ中に他人と比べてしまうものと言えば、特に「スコア」、「飛距離」、「パッティングのスキル」などがあるでしょうか。

「あの人は自分より遅くゴルフを始めたのにすぐにスコアも飛距離を越されてしまった…」
「あの人はドライバー飛ばすから、その後には打ちたくないな…」
「パットはみんなに見られるから、パット数の多い自分は人目が気になってしまう…」

と人目を気にし、人と比較することで、へこんだり、ネガティブな気持ちになることがあるかもしれません。ラウンド中にそのような気持ちになると自分のスウィングに自信を持てなくなり、焦ってスウィングのリズムが早くなってしまったり、また、他人の目線が気になって1打1打に集中できないこともあるかと思います。

画像: つい飛距離を他人と比べてしまう。これぞゴルファー心理

つい飛距離を他人と比べてしまう。これぞゴルファー心理

このように今回の記事では、ラウンド中に他者と比較してしまう方でも目の前の一打に集中しやすくするコツをお伝えしていきます。ちなみに人と比較してしまっているとき、どんなことが頭の中で起きているかというと、目の前のワンプレーとは関係ない部分へ注意が向いてしまっています。

「またダフッたらどうしよう…」
「変なフォームになっていないかな…」
「このダボパットを決められないとさすがにカッコ悪い…」
「自分だけこのスコアはまずい…」

このように他人との比較や目線を気にして目の前のプレーへの集中が切れてしまったときに、誰にでも簡単にできる「ある切り替えテクニック」があります。

「ひとり言」です。スポーツ心理学の専門用語で「キューワード法(Cue word)」と呼ばれています。(cueとは英語で合図の意)

これはプレーとは別の対象へ注意が向き、集中できていないときに「あらかじめ決めておいた合図の言葉」をぶつぶつとひとり言のように唱えることで目の前のプレーに再度注意を向ける決めるためのテクニックです。

たとえば、どんなキューワードがあるかというと「スウィングリズムに集中」「理想の球筋イメージ」「今ココに意識を」「ワンプレーに集中」などがあります。これらはサポートするゴルファーが実際に使っているおすすめのキューワードです。

そして、このキューワードは頭の中で唱えるより、ぶつぶつと自分だけに聞こえるようにつぶやく方が効果が高いです。実際に、言葉にすることで自分の耳に合図となる言葉が聞こえることでよりキューワードへの認識が強まり、切り替えやすくなります。

折角ですので、あなた自身にも使えるキューワードをこの時間で考えてみましょう! 今から1分間で切り替えの合図になるキューワードを考えてみましょう。上記の例でもいいですし、あなたらしい言葉でもOKです。それでは1分間考えてみましょう。

(1分経過)

いかがだったでしょうか? このキューワード、ゴルファーだけでなく、プロ野球のピッチャーやJリーグの選手にも使ってもらっているシンプルかつ有効な切り替えテクニックです。「他人と比べてしまってもうまく集中できない」という時は、ぜひ使ってみてほしいと思います。

写真/小林司

HONMA

This article is a sponsored article by
''.