東京は墨田区、スカイツリーの近くにある工房SAKURA WAQS(サクラワクス)より、ゴルフ時の荷物が多いラウンドの日にピッタリな、薄型財布が登場。容量たっぷり、外国人からの熱視線も納得のニッポンのモノづくりをご堪能あれ!

“大容量なのに薄型”こんな財布がほしかった! 

東京・墨田区の下町の工房で創業約60年、高級ブランドのOEMなどを手掛ける革職人の腕が光るSAKURA WAQS(サクラワクス)。そんな世界が驚くワザを持つその小さな工房の、卓越した技術をふんだんに盛り込まれた粋な財布が登場した。

この薄型財布は、ジャケットの内ポケットでも膨らむ事もなく、すっきりスマート。男性用ズボンのお尻ポケットにも入る大きさ。片手に収まりファスナーも開けやすく。上質な革を薄く漉(す)くことで、軽く、スリムな形を実現。1点1点、愛情を込めて作られた、まさにメイドインジャパンの逸品だ。

画像: 口が大きく開くので小銭やカードも取り出しやすい

口が大きく開くので小銭やカードも取り出しやすい

ネイビーは永遠・繁栄などの意味を持つ「市松」模様。ホワイトは邪気を払うとされる「矢来紋(やらいもん)」をデザイン。春(に新調する)財布は、“張る財布”! 縁起を担いで、粋なゴルファーを目指してみてはいかが?

大容量の薄型財布の価格は、1万5800円(税別)。カラーはネイビーとホワイトの2色展開。札入れ、外ポケット、内ポケット各×1、カードケース×8、取り外し可能のチェーン付。

週刊ゴルフダイジェスト3/24号「別注商品コラボリアン!」より

This article is a sponsored article by
''.